沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

CA TRIP DAY 11

ニュース・トピックス 2017年10月29日(日) 更新

CA TRIP DAY 11 1

毎度YES SURFをご利用いただき、誠にありがとうございます。


そろそろ旅の終盤に入ってきました。


CA滞在11日目。


朝は、たまっている写真やメールの整理とブログアップなどをしながらゆっくり過ごした後、ランチタイムに近くのベトナム料理屋さんへ。



ハンバーガーやタコスやピザもいいけど、やっぱり恋しくなるのは、アジアンテイスト。


それも、汁物の麺。




フォーが美味しいよと言われ、フォーとエッグロール(揚げ春巻きのこと)、生春巻きを注文。


どこの国に行っても、タイ料理とベトナム料理と中華料理は、ハズレがない気がない気がします。




美味しいランチをたらふくいただいた後は、さてお仕事です。


まずは、クリステンソンのファクトリーへ。




今朝サーフィン中に足を強打してしまったという、ジョン・ペックが痛みをこらえつつ、案内してくれました。




いくつか、ボードのことなどについて質問。



クリステンソンのフィンは、今もアップデート中。


ジョンは、色々と質問に対して、丁寧に答えてくれたけど、やっぱりかなり痛そうだし、明日ファクトリーにクリスが来るとのこと、出直すことに。





ここ、クリステンソンのファクトリーには、ムーンライトグラッシングのファクトリーも一緒になっており、MANDARA SURFBOARDSのマニー・カロのファクトリーも。



ムーンライトグラッシングの前社長のPeter St. Pierre氏。


マニー・カロは不在でしたが、偶然、彼の奥様のクリスティーンがシェイプ中でした。




ミーハー心で一緒に写真をパチリ。


クリスティーンは、自身の「FURROW」というサーフブランドでボードをシェイプしています。


「FURROW SURFCRAFT」


AXXE CLASSIC FEMMEでコラボレーターでおなじみのアナ・アーゴットがライダー。



クリスティーンは、ナチュラルな感じの柔らかい雰囲気の女性で、こんな女性がハードなシェイプ作業をするのかと敬服します。


ボードを見せてもらったりして興味深々。


お忙しいところ、お邪魔しました。





ファクトリーを後にして、夕方は、大好きな「SWAMI'S」へ。




ロケーションも素晴らしいこのサーフスポットは、老若男女、上級者から波が小さな時は、初級者もおとずれます。




波のサイズも腰サイズのファンウエーブ。




ロングボードやミッドレングス、ソフトボードが多い。


満潮の時間帯のためか、人も少なめ。




しかし、大きな波の時は、リーフブレイクのポイントのため、かなり手強い危険な波になるそう。


透明度抜群の海水もホッとするなぁ。




ロングボードでのんびりサーフィンを楽しんだ後、駐車場に戻ると、サンセットを見るため、たくさんの地元の人達の憩いの場と化していた。




大きなシャボン玉を飛ばす家族連れ。ギターを弾き語りするおじさん、カップル。




サンセットの光りがうつりこんだ大きなシャボン玉は、ゆらゆら移動しながら上がったり、下がったり。


地上に落ちて割れないように、下から吹き上げる人々。その場にいたみんなの心を一つに。


美しいサンセットタイムでした。


続きは、CA TRIP DAY 12へ。


CA TRIP DAY 1


CA TRIP DAY 2


CA TRIP DAY 3


CA TRIP DAY 4


CA TRIP DAY 5


CA TRIP DAY 6


CA TRIP DAY 7


CA TRIP DAY 8


CA TRIP DAY 9


CA TRIP DAY 10


CA TRIP DAY 12


CA TRIP DAY 13



YES SURF


このページをシェア