沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

News & topics


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 8

ニュース・トピックス 2018年11月10日(土) 更新

カリフォルニアトリップ 2018 DAY 8

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 8日目。


本日は、早起きして、大好きなカーディフへサーフィン。




相変わらずの渋滞を予測できず、Tomokoとの約束の時間より10 分遅れて到着。


遅刻常習犯ですね。すいません。


おおっ!


結構いいサイズの波が入っている!




ここ、カーディフビーチは、数々の有名サーファーのホームでも有名。


ジョエル・チューダーにライアン・バーチ、ロブ・マチャド、デレック・ディズニー。


ロングボーダーやビジター、SUP、カヤックサーフィンなどでも結構いつも混雑しているイメージ。


一番のセットが綺麗に割れているピークには、たくさんの波待ちの人たちがラインナップしています。


隣のピークにポジショニングを決めて、ゲット。





ボードは、ANDREINI SURFBOARDS VAQUERO 7'2"とHPD HAWARD SPECIAL MINI 7'6"をチョイス。



ダンパーになってしまう波もありますが、選べば良い波も。





最初は、どの波がダンパーになってしまうのかわからなかったけど、だんだん波を見る目も慣れてきて、選べるようになってきました。




と、そこへ、ライアン・バーチの姿。


彼も混雑を避けて、こちらのピークにスタンバイしたのでしょうか?


7フィートくらいのミッドレングスの非対称ボードをチョイスしている。


うねりが少したるめに入ってきて、インサイドで急にブレイクするので、これくらいのミッドレングスが今日の波には合っているかも。



ライアン・バーチといえば、ジョエル・チューダーお墨付きの天才的シェーパーであり、オールラウンダー(色々なボードを乗るサーファーのこと)。





ショートボーダーとして育ったサーファーがロングボードを上手に乗る事は、難しいと言われている中、彼は、スタイリッシュかつテクニカルなロングボーダーとしても認知されています。





また、ライアン・バーチといえば、PINK FISH。


ショートボーダーも「こんな風にフィッシュを乗りたい」と憧れるライディングをする事でも有名です。




ライアン・バーチは、グーフィフッター。


波の切れ目を見つけて良い波を河口の方までスタイリッシュに乗っていきます。


カーディフは、私好みの波が割れます。


パワーもあって、でも乗りやすくて、波のセクションが複雑。


急に掘れたり、たるくなったり、何度乗っても飽きない。











1時間半ほどサーフィンを楽しんだ後、海から上がって着替えていると、ライアン・バーチも海から上がってきました。




写真をお願いして、一緒にパチリ。



憧れのライアン・バーチと一緒に写真を撮影できたのでテンション上がりました。



Tomoko、いつも素晴らしい写真をありがとう。




SPECIAL THANKS PHOTO BY TOMOGRAFICA


さて、お腹もすいたし、朝ごはん食べようということになり、近くのSwami's Cafeへ。




アメリカの食事は、ボリューミー。



ドリンク(紅茶とコーヒー)もfree refillです。




とても気持ちのよいお天気で、食事も美味しかったです。


お腹も満足したので、そろそろ今日のミッションに取り掛かります。


今日のミッションは、シェイパーのマイケル・ミラー氏に会うこと。


でも、まだ時間に少し余裕があるので、Andy Davisのギャラリーに行ってみないかとTomoko。


昨年、確かギャラリーに行ったけど、無人くんだったので、今年も再チャレンジ。



んで、今回見事にギャラリーで作業中のAndyと会えたので写真をパチリ。




とっても気さくで、キュートなAndy。柔らかな明るいHAPPYな雰囲気が、彼の作風通り。



LEUCADIAには、彼の壁画もあります。



Andyはお仕事中。



描きかけの絵があったり。



彼のパーソナルボードがあったり。

Jon Wegenaerのデュアルフィンだー。ボードにも興味深々。




楽しい時間でした。ありがとう! Andy。


Andy Davisギャラリーを後にして、マイケル・ミラー氏のファクトリーに少し早めに到着してしまった私達。


もしかしたら、ボブとリックが覚えていてくれるかもとMitsven Surfboardsへ。


実は、マイケルのファクトリーは、Mitsven SurfboardsやSkip Frye氏のファクトリーと同じ敷地内にあります。



車から降りて、歩いて建物を曲がろうとしたその時、ババーン。


Skip Frye氏とばったり。



という訳でパチリ。


シェイプ中だったようで、粉だらけでした。


Mitsven Surfboardsのファクトリーを覗くと、ボブが「オォ!YES SURF!」。


嬉しい!覚えてくれていた。




インスタをいつも見ていてくれているそう。嬉しいなー。


ボードの話などしばらくして、また遊びに来るねー。と



ありがとう!Bob。


そして、マイケル・ミラー氏のファクトリーへ。




彼は、スキップ・フライの系統を受け継ぐ、才能溢れる若手シェイパーの一人。


以前から、彼のボードのクオリティの高さとグラッシングの美しさがとても気になっていて、今回正式に彼のボードをYES SURFでも取り扱いたい旨を伝えに彼のファクトリーを訪れました。


彼がすすめるボードデザインや、沖縄の波質にあったボードがカスタムできるかどうか、沖縄の波にあうデザインなどたくさん質問しました。


彼は、非常に真面目でスマート、かつ穏やかな青年で、丁寧に一つ一つボードについて答えてくれました。


今もスキップ・フライのシェイプしたボードのラミネートをやっている彼。


そのラミネート、グラッシングの質を見ても彼の人となりがすごく理解できる気がしました。


タイラー・ウォーレンともお友達らしく、彼のボードのディケールは、タイラー作。




2019年、マイケルのボードがYES SURFの店頭に並びます。


お楽しみに。



メキシコ サーフィントリップ 2018 1日目に続く。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目




YES SURF


詳細はこちらへ»»


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 7

ニュース・トピックス 2018年11月06日(火) 更新

カリフォルニアトリップ 2018 DAY 7

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目。


下の写真は、ガス欠でレスキューされるの図。




ガス欠してしまった場所は、フリーウェイ。




よくフリーウェイ上で止まっている車を見かけてましたが、まさか自分達が同じ状況になってしまうとは。


フリーウェイ上には、日本のように休憩できるパーキングも給油所もないので、ガソリンメーターは細かくチェックしておくべきでした。


慣れない距離感のフリーウェイと旅行中の慌ただしさでついついうっかりしてまいがち。


友人のTomokoがAAA(トリプルエー)に加入していたので、事なきを得ました。


ありがとう!トリプルエー。ありがとう!Tomoko。


大変助かりました。



さて、朝から思わぬハプニングでスケジュールがおしてしまいましたが、アポを取っていたAlrikは、笑顔で私達を迎えてくれました。



Alrik Yuill氏は、AXXE CLASSIC WETSUITSのコラボレーター。


自身のブランド「SPACE TIME SURFBOARS」でサーフボードシェイプを行うシェイパーでもあり、芸術家でもあります。




彼のアトリエ兼ファクトリーは、まるで美術部の部室のよう。



描きかけの絵や彫刻、オブジェ、絵の具、樹脂、ペンキ、ボード、家具、衣類、etc..。



彼のアートワークは、サーフィンの大会のトロフィーでも使用されています。



シェイプルームも見せてくれました。



長い間、サーフボードファクトリーでも腕を磨いてきたAlrik。


今彼自身の「SPACE TIME SURFBOARS」でシェイプしているボードもたくさん見せてもらいました。



彼が子供だった頃のファーストボード。




彼のシェイプするボードは、非常に個性的。

EPS素材を多用し、ストリンガーレスのボードも多い。

非対称ボードやフィンの場所がすごく前の方だったり、見たことのないようなコンケーブも。




彼が若い頃から学び、育んできた伝統的なサーフボードシェイプの知識と技術を使って、これからの素材であるEPSなどでボードを作り、まだ我々が経験したことのない未知の世界に広げていきたいそう。


だから「SPACE TIME SURFBOARDS」なんですね。


なので、手にとってボードを見ているだけでは、どんなサーフィンを経験できるか分からない。


そこで海に行ってArlikのボードでサーフィンしようということになりました。


ツインスタビでも楽しめる、ピンテイルボード。ツインフィンで乗ってみます。



こちらもツインスタビでも楽しめるフィッシュテールボード。どちらもEPSフォームでストリンガーレス。



彼のサーフィンは、おおらかなラインで美しく、スタイリッシュ。


波は、ショアブレイクでアグレッシブでしたけど、さすがローカル。


良い波に見えますが、ほぼダンパーに近い、パワフルなショアブレイク。


波の切れ目を見つけて、一気に掘れ上がるフェイスを自由に美しく軌跡を描いていきます。




私も一緒に海に入って、試乗させてもらいました。


「スピード感がはんぱない!!」です。


ボードコントロールが容易で、ボードがぐんぐん加速してくれます。





何よりも一緒にサーフィンできたことがとても嬉しい。


貴重な時間をどうもありがとう。Alrik。





カリフォルニア サーフィントリップ 2018 8日目に続く。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目


YES SURF

詳細はこちらへ»»


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 6

ニュース・トピックス 2018年11月01日(木) 更新

カリフォルニアトリップ 2018 DAY 6

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目。




今日は、移動日。


SURFERS DREAM HOUSEをあとにして、南に下ります。


今回は、お仕事で忙しくて、一緒にサーフィンできなかったカイくんとパチリ。




彼は、サーフガイド業をなりわいとしています。


とっても優しいナイスガイなので、ベンチュラ、サンタバーバラトリップの際は、是非彼にアクセスしてみてください。


宿Caliサーフガイド



さて、ここからサンディエゴまでは、ゆっくり向かって3~4時間くらい。


渋滞にひっかかってしまいましたが、無事夕方には、目的地に到着。


一年ぶりの再会の友人のTomokoと夕飯へ。


彼女は、現地に長く住んでいるカメラマンで、日本の雑誌「カリフォルニアスタイル」や「NALU」で活躍しています。


TOMOGRAFICA


彼女が連れて行ってくれたのは、老舗のブルワリー。


STONE BREWING




ここ、サンディエゴは、クラフトビールが有名だそうで、この近辺だけでも20以上のブルワリーが密集しています。


こうした立派なレストランを併設した工場もあれば、ドリンクスペースだけの小さな工場もあるそうです。



ここは、工場見学もできるそうです。


色々なブルワリー巡りを楽しむのが、ビール好きの醍醐味。


IPAの飲み比べコース。IPAだけでも何種類もあります。




美味しい料理とビールと楽しい会話でドライブの疲れが癒されます。




明日また会う約束をして、バイバイ。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目に続く。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目




YES SURF



詳細はこちらへ»»


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 5

ニュース・トピックス 2018年11月05日(月) 更新

カリフォルニアトリップ 2018 DAY 5

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。



カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目。




今朝もゆっくりとした朝を過ごし、リンコンへ。




少し風が入っているせいか、人もまばら。


同じタイミングで入っていった人達も何本か乗るとすぐあがってしまいます。




他のポイントに移動するのかもしれません。




それでも私達にとっては、十分良い波です。




写真もたくさん撮影できました。





ボードを交換して乗り比べもできました。


最初に乗ったのは、Andreini Masic Sum 9'4"。


クラシカルなのに動きが軽く、でもノーズで安定しやすい。良いボードです。


Andreini Vaquero 7'2"。


ハルボードの大好きな私達のお勧めハルボードの一つ。



難しいイメージのあるハルボードですが、比較的このVaqueroは、乗りやすく、スイング感と疾走感が素敵なのです。



大介さんは、愛用の「Third World Surfboards」のログで、パラレルライド。



ドイツからバケーションで来ているルームメイトの子達もサーフィンを楽しんでいました。



海から上がり、すぐに支度をして、アボガドフェスへ。


ようこさんやソラくん、サムも一緒です。



 んっしょっと。最近重くなったわねー。ソラ。



お利口さんのソラくん。




昨年に引き続き、今年も行ってみた、このお祭り。


アボガドフェスティバル。



まずは、アボガドビールで乾杯。




ワカモレコンテストがこのお祭りの目玉。


自慢のワカモレをそれぞれ持ち寄り、1番美味しいワカモレを決めるのです。


入賞者が決まるまで、めっちゃでかいアボガドを買う寄付イベントがあったり。




会場は、とても盛り上がります。


ソラくんも楽しんでいるご様子。



サムは、来年の参加に向けてレシピを思案中。



このおじさんは、今年の2位入賞者。



テレビクルーも取材に来ていました。


出品されたワカモレ試食タイムがみんなの楽しみです。




サンタバーバラは、アボガドの産地として有名らしく、皆さん、アボガド愛がすごすぎ。



アボガド色のお洋服を着たおじさん。



見ていて圧倒されます。


アボガドバンドライブ。



アボガド移動遊園地。



アボガドフェス歴代ポスター。




フェスを楽しんだ後は、会場近くにオープンした「HERITAGE」へ。




ここは、マロイ3兄弟の次男のキース・マロイの奥さんのローレン・マロイさんが経営しているお店。




シンプルでナチュラルなライフスタイル、農業をテーマにしたコンセプトショップです。





アパレルから、キッチン、フード、アウトドア用品、農業用品と幅広く品揃えがあり、みているだけでも楽しいお店です。



お店がある、カーペンテリアは、こじんまりとしていて、清潔で、可愛い街です。小さな住宅街といった感じ。




「HERITAGE」は、その環境とすごくマッチしています。




「HERITAGE」を後にして、向かったのは、サンタバーバラのMCASB。



Museum of Contemporary Art Santa Barbara


CATCH SURFとのコラボボードやユニクロとのコラボTシャツなどでもおなじみのBarry McGeeの展覧会がちょうど開かれていました。




カリフォルニア出身で、サンフランシスコ近代美術館で巨大な壁画を制作し、同館のパーマネントコレクションにも選定されたBarry Mcgee。



一足踏み込んだだけで、Barry Mcggeワールドというか、彼の部屋にお邪魔したような気分で、ワクワクします。



ポップでキャッチー、可愛いけど毒がある変なキャラクター、意味ありげでなさげなオブジェ。連続する形と色。



コンテンポラリーアート、ストリートカルチャー、ジャンクアート、おもちゃ箱をひっくり返したような...。



楽しい。



何時間でもいれそうな、このスペース。発見とサプライズ。




映像もあったり。



参加型のアートがあったり。







一番のお気に入りはコレ。




サーファーは、LONE WOLF(一匹狼)ですもんね。


アートを堪能した後は、ロケット見物。


日もやがて沈もうとするとき、大介さんが、ビーチに行くよーと声をかけてくれました。




夜の7時過ぎに、民間企業が打ち上げるロケットが見れるそう。


急いで、近くのビーチに向かいます。


ご近所のみなさんは、すでにビール片手にロケット見物のスタンバイ。


「5分後に打ち上げられるよー。」


ちょうどビーチに到着したそのとき、暗くなった夕闇のかなたに、小さな光の玉が。


あ、打ちあがった!


光の玉は、斜め上空に光の線を描いていきます。


途中、光の玉が2つに分離し、一つは、下方に、一つは、不思議な光の環を作って上空に広がっていきます。


上空に広がった光の輪が自分たちを覆ってしまうように感じて、怖いくらい。


最後に光の輪は、ふたつのしっぽのように別れて、小さな光の玉は見えなくなってしまいました。




その瞬間、遠くでとどろく雷鳴のような音が。


ソニックブームといって、ロケットが音速を超えたときにでる音だそう。


光の環は、そのときにでる衝撃波だそう。


すごいものが見れてしまいました。


ロケット見学のあとは、みんなでBBQディナー。




昨年シェアハウスしていたリナも引越し先から来てくれました。




ありがとうリナ。


カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 6 に続く。



カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 1

カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 2

カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 3

カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 4


YES SURF


詳細はこちらへ»»


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 1

ニュース・トピックス 2018年10月23日(火) 更新

カリフォルニアトリップ 2018 DAY 1

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


今年も行ってきました、カリフォルニア。


10月2日よりお店の方は、お休みをいただき、内装工事の準備を済ませ、沖縄から成田、成田からロサンゼルス国際空港へ。


今回は、どんな人達やサーファー、シェイパーに会えるんでしょうか?


どんな波が私達を待っていてくれるのでしょうか?


楽しみです。


さて、毎度私達を待ち構えているのは、ロングロングフライト。


今年は、要領を得て、スムーズにロサンゼルス国際空港まで到着できました。



今回のランディングは、あいにくの曇り空。


レンタカーも無事ピックアップでき、今年は、クライスラーの最新車種です。




最新すぎて、昭和の人間には、運転方法がわかりません(苦笑)


それでも、なんとか車を動かし、最初に向かった先は、In-N-Out Burger。




ウィキには、現地読みで、インネンナウトバーガーとあります。


人気のハンバーガーチェーンショップで、ここカリフォルニアでは、看板をよく見かけます。


多種の裏メニューが存在し、さらに具材の追加も可能なので、自由度が高いのが人気の秘密らしい。




でも今回は、初In-N-Out Burgerなので、まずは、スタンダードメニューから注文。




今まで利用したファーストフードショップでは、注文するときに、よく店員さんから名前を聞かれました。


なぜ?私の名前?礼儀作法の一種?自己紹介?と疑問に思いながら自分の名前を告げると、注文した商品が出来上がると名前で呼ばれるというシステム。


日本では、経験のない、いや米国以外の国でも経験したことがないシステム。


ここIn-N-Out Burgerは、ナンバーの入ったレシートを渡され、ナンバーで呼ばれる仕組み。


こっちの方が、馴染みがありますね。


さて、美味しいハンバーガーに舌鼓を打ちつつ、これから向かう先をグーグルマップで設定。


今夜は、ベンチュラの郊外に位置する、SURFERS DREAM HOUSEにお邪魔します。


宿泊、サーフガイドについては、こちらをどうぞー。


http://odsa1173.wixsite.com/yadocalisurfsss




昨年お世話になり、優しくて、楽しいホスト、ルームメイトの方々との滞在期間中の居心地がとても良かったので、今年もお世話になることにしました。



2017年にお邪魔した時の BBQパーティーの様子。


詳しくは、YES SURFブログ カリフォルニア サーフィン トリップ DAY 1〜 DAY 6までをご覧ください。


LAを出発することを伝えて、いざ出発。


時間的に渋滞には引っかからないそうなので、時間通りには目的地に到着できそうです。




途中、マリブビーチあたりでサーフショップに立ち寄ってみたり。




ベンチュラ近くのスーパーに立ち寄り、食料などを買います。


ナチュラルフードやオーガニック系食料品中心の品揃えのスーパーマーケットとしておなじみのTRADER JOE'S 。





日没前には、無事SURFERS DREAM HOUSEに到着。




一年ぶりの再会を喜び合い、積もる話がたくさんあります。


昨年の秋、ここベンチュラ一帯は、大きな山火事の災害に見舞われました。


SURFERS DREAM HOUSEのほぼ間近まで火の手が迫り、この家も焼けてしまうところだったそう。




皆、それぞれ、この家を一旦出て、避難していた時期もあったそうです。


奇跡的に風が海側から吹いたのと、消火活動に当たった消防士さん達の尽力でお家は無事焼けずに済んだそう。


山火事がおさまった後も、冬の雨期に雨が降ったため、今度は、土砂崩れで道路と鉄道が寸断。


自然に囲まれた素晴らしい場所ではありますが、自然の脅威に晒された場所とも言えるかも。


それでもSURFERS DREAM HOUSEのみなさんが、この土地を愛しているのは、それにも代えがたい素晴らしさがあるから。


でも、本当にみんな無事でよかった。


こうして再会できたのを、本当に嬉しく思います。


ホストの大介さん、ヨーコさん、ルームメイトのサムやカイくんとの再会のハグを嬉しく思いながら、ビールで乾杯。





一年ぶりの再会のルームメイトのサム。


Tシャツがベアでなく、マンモスだったので、訳を聞いたら、カリフォルニアの有名なスキー場があるマンモスマウンテン、マンモスレイクのTシャツらしい。


尽きない話は、深夜まで続いたのでした。


カリフォルニアトリップ 2018 DAY 2 に続く。


カリフォルニアサーフィントリップ 2018  DAY 3

カリフォルニアサーフィントリップ 2018  DAY 4

カリフォルニアサーフィントリップ 2018 DAY 5


YES SURF

詳細はこちらへ»»


1 2 3 4 5 6 7 
1件~5件/2081件