沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

News & topics


Catch Surf 先行予約のお知らせ

ニュース・トピックス 2017年12月02日(土) 更新

Catch Surf 先行予約のお知らせ

いつもYES SURFをご利用いただきありがとうございます。


キッズからトッププロまで多くのサーファーに愛されている大人気のソフトボード、「CATCH SURF」。


2016年、そして今年の2017年も大ヒットを記録し、2018年はさらに人気が高まりそうなソフトボード。


2017年は予約の段階で完売したモデルもあり、ご希望の商品をお届けできなかったお客様も多数いらっしゃいました。



※カタログを準備してますのでご覧くださいね。


そこで、12月5日(火)までご予約をお受けさせていただきます。


メーカーへのオーダー締め切りがあり、近々で申し訳ございませんがお声掛けよろしくお願いいたします。




先日のカリフォルニアトリップでCATCH SURFの本社に伺った際の写真です。


副社長のジョエル・マナラスタス氏が手にしているのが、



タジ・バロウモデル。



デザインなどのミーティング中。



来期ラインナップは、こんな感じ。



アーティストさんからCATCH SURFにドローイングして寄進されたボード。


80年代風のピザ柄がかわいい。



巨大な倉庫には、たくさんのパッキンされたCATCH SURFのボード達がずらり並んでいました。



期待を裏切らない、超POPなデザイン。



大人気になりそうなサイズのモデルも新しく出る予定デス。楽しみ。


6.0のLOG、PLANKも新しくラインナップに加わります。


一足先に試乗してきました。




ボリュームたっぷりのショートレングス。


ぶっちぎりの加速がとっても魅力的。


プチトリップ等で数本積みする際にも、短いレングスなので問題なし。


2018年イチオシのモデルです。




ボディボードを発明したレジェンド、TOM MOREYによる、革命的ソフトボード「CATCH SURF」との謳い文句にあるように、元はボディボードからアイデアを得て商品化されたCATCH SURF。


YES SURFには、昨年以上に多くのモデルが入荷しますが、ご自身の気に入ったモデルをGetしたいお客様。


是非、ご来店をお待ちしております。



YES SURF



詳細はこちらへ»»


AXXE CLASSIC WET SUIT

ニュース・トピックス 2017年11月19日(日) 更新

AXXE CLASSIC WET SUIT

AXXE CLASSIC


日本国産のウェットスーツブランド。


クラシックで、スタイリッシュなデザインと国内外問わず高く評価される品質を誇るAXXE CLASSIC。


アンドリュー・キッドマン、CJ・ネルソン、ブラッド・ガーラック、etc...世界中の名サーファーのみならず、クリス・クリステンソン、ダニエル・トムソン、ニールパーチェスジュニアなど有名シェイパー達からも賞賛を得ているジャパンメイド。




コアでオルタナティブなライフスタイル・サーフィンをコンセプトとしています。


http://www.axxe.jp


AXXE CLASSICお抱えのコラボレーターもトップクラスのサーファーが目白押し。

ブラッド・ガーラック、CJ ネルソン、クリス・デル・モロ、メレ・サリ、サイラス・サットンなど。

http://www.axxewetsuits.com/collaborates/


また、極寒の地でのサーフィン写真を撮影する、フォトグラファーのクリス・バーカードも着用しています。

最近では、ドイツの最大の航空会社であるルフトハンザドイツ航空のPR動画でその様子を伺うことができます。





辺境の凍てつく寒い海でサーフィンの写真を撮ることに喜びを見出したと語るクリス・バーカード。





こうした寒い海でも耐えうるウエットスーツを提供するAXXE CLASSIC。


品質の高さを物語っています。


AXXE CLASSIC は、こうした高い品質を誇る、メイドインジャパンのウェットスーツとしてここカリフォルニアでもかなりの信頼を得ています。


パタゴニア、

モラスクサーフショップ、

BIRD SURFSHED、etc...。

http://www.axxewetsuits.com/dealers/



Wegner Surfboardsのシェイパー、ジョン・ウエグナーのフルスーツの採寸中。


人それぞれ違う、骨の位置、関節の角度、姿勢など丁寧にチェックしながら、日本ウエットスーツ工業会で決められた30以上もある計測箇所と方法で何度も計測され、正確を記した採寸データは、日本の神奈川県にある工場へ送られます。


もちろん、計測するスタッフは、日本ウエットスーツ工業会でちゃんとした計測技術を学び、実際に多くの計測経験があるものが行います。


送られてきたデータは、職人さん達の手を経て、快適なウエットスーツへと変身します。


この計測データも、データそのままの数値でウエットスーツに仕立てていくわけでなく、職人さんの経験と知識を基に、数値を割り出していくのです。


そこには、やはり何十年も培われてきた、知識と技術と経験の裏付けがあるからできることなのです。


こうして、手間をかけてつくられたジャパンメイドのウエットスーツは、米国のみならず、イタリア、イスラエル、韓国、オーストラリアなど世界の様々な地域で支持され、愛されています。








AXXE CLASSICは、35年間伝えられ、培われてきた職人の技と、様々な環境で最適なパフォーマンスができるよう、テストを繰り返してきました。



AXXE CLASSIC ウエットスーツが作られている、工場へお邪魔しました。



たくさんの生地がウエットスーツになるのを待っています。


表がラバー、裏が起毛素材の生地。この他、表がジャージ、裏が起毛素材、表も裏もジャージ素材など様々な生地を生地屋さんから仕入れ、ウエットスーツを作ります。



上記の画像の2種類が、メーカーオリジナルの生地。


沖縄の秋、冬、春の海でのサーフィンにおススメの生地。


起毛素材が暑いから必要でないとおっしゃる方にオススメしています。ジャージ素材より撥水性が高く、コシがあり、タフで、柔らかく、乾きも早い。


特に画像上部の「SUL Dプラス」は、夕方サーフィンと早朝サーフィンが続く時に、濡れて冷たくなってしまったウエットスーツを着用するストレスから解放してくれます。



ウエットスーツのパターンは、PCソフトでつくられていきます。



型紙は、一着ごとにまとめられます。



パーツごとの型紙を生地に合わせて、フリーハンドでカットしていきます。



見ていると職人さん達は、楽々スイスイ専用カッターでカットしていきますが、実際にやってみるとすごく難しい。カッターが自分の思った方向にコントロールできずに、ラインから外れてしまいます。



美しい、型紙通りのカット。



複雑な曲線もなんのその。


カットされた生地は、一着のウエットスーツごとに分けられます。





型紙通りにカットされた生地は、特殊なボンドで貼り合わされていきます。



接着剤の作り方は、企業秘密。



こちらの職人さんは、我々の質問に笑顔で答えながら、作業されていますが、これまたすごく気を遣う細かく難しい作業。



表面が光沢のあるラバー素材などの場合、他の場所に接着剤がつかないよう丁寧に集中して作業します。



生地と生地をつなぎ合わせた後は、エアコンプレッサーで圧接していきます。



こちらのミシンは、生地の片側に穴を開けないで縫合ができるミシン。


接着剤で圧接した生地をこのミシンで縫合するので、丈夫で、なおかつ水が中に侵入しにくいウエットスーツができるのです。



様々な環境や着用される方の色々な動きに合わせて、一つのウエットスーツでも様々な箇所に合わせて、生地を縫合するミシンの種類を使い分けます。



ブランドロゴを圧着する機械



完成したドライスーツに水が侵入しないかどうかテストを行う水槽。



こうした一つ一つ本当に手間のかかる細かな作業を経て、最高級の自分だけの快適なウエットスーツが誕生します。


AXXE CLASSICウェットスーツは、ユニセックスラインと女性専用のFEMMEブランドを持っています。


シンプルでクラシック、オートクチュールの高級感たっぷりのAXXE CLASSIC。



女心は、女にしかわからない。


女性コラボレーター達による、女性サーファーに捧ぐ、女性のためのクラシックライン。


クラシックだけど、時にポップ、時にモダン。




AXXE CLASSICのインスタはこちら→https://www.instagram.com/axxeclassic/


AXXE CLASSICのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/axxe_classi...



カスタムオーダーのご用命は、YES SURFまで。


YES SURF

詳細はこちらへ»»


おすすめウェットスーツ オーダーフェア 1月30日(火)まで

ニュース・トピックス 2017年11月05日(日) 更新

おすすめウェットスーツ オーダーフェア 1月30日(火)まで

いつもYES SURFをご利用いただき、誠に有難うございます。 



  

2017年 秋冬 ウェットスーツオーダーフェア 開催中!!

 

 

オーダー期間:11月1日(金)~1月31日(火)まで


対象ブランド:AIDENTIFY、AMSTERDAM、AXXE 、AXXE CLASSIC 、BREAKER OUT、CYBER  、RINCON、REUNION


 

 

特典:通常10%かかるウェットのオーダー料が無料。

 

 

 

ウェットスーツタイプ:ベスト、タッパー(半袖・長袖)、スプリング、シーガル、ショートジョン、ロングジョン、フルスーツ

 

水温20度から、ほぼ下がることのない暖かい沖縄の海ですが、一番寒い12月下旬~3月は、冷たい北風が吹き、体感温度がぐっと下がります。

 

でも3mm×3mmの起毛素材のフルスーツがあれば大丈夫。 

 

更に、風を遮ってくれるラバー素材を上半身の表面に使うと格段に保温性がアップします。

 

特に女性の方には、保温性を重視したウェットスーツを着用してほしい。

 

海上がりは、思っているよりずいぶん体は冷えているのです。




  

また、サーフィン中にストレスの少ない、ノンジップタイプやネックインフルタイプのフルスーツもYES SURFではおススメしています。

 

バックジップタイプしか着用した事がない方。

 

是非この着心地の良さを体験して頂きたい。

 

ヤミツキになります!!

 

 

 

YES SURFでオススメしているカスタムオーダーメイドのウェットスーツブランドは、どれも日本国内のファクトリーで丁寧に職人さんがひとつひとつ心をこめてつくってます。

 

image1.jpg  image2.jpg

 

 

 

みなさん、どうして水の中にいて寒い風に吹かれているのに、ウェットスーツを着ると暖かいか理由をご存知ですか?

 

 

それは、海に入ったときに、ウェットスーツの生地と肌の間に入った海水が、体温とウェット生地の発熱性などにより温まり、その温まった水がウエットスーツの中から出たり、入ったりしないからです。

 

 

サイズが大きかったり、縫製が荒く、ピンホールの多いウェットスーツは、水が出たり入ったりして、着ているうちにどんどん寒くなってきます。

 

 

またサイズのあっていないウェットスーツは、ヨレやシワや縫い目などが肌をこすり、擦れて痛くなったり…。

 

 

でも!ご安心ください!!

 

 

YES SURFでは、ウエットスーツオーダー採寸技能修了資格を持っているスタッフが30箇所以上の身体箇所をきちんと採寸いたします。

  

 

しかも、ウェットスーツの生地の進化や技術の発達のおかげで、オススメしているブランドのウェットスーツは、とっても伸縮性に優れていて、柔らかいのです。

 

保温性だけでなく、様々な特性をもった起毛素材がたくさんあります。

 

風を通しにくく、保温性をさらに高めるラバー生地も柔らかく、しかも傷つきにくく、固くなりにくい。

    

メーカーさん達の努力に頭が下がります。

   

着ていて暖かく、快適で、それでいてかっこいい。

 

寒い冬でもストレスのない暖かいウェットスーツで、楽しく、集中してサーフィンしましょう!!

 

現在オーダーを頂いてから、お手元にお届けできるまで約3週間ほどかかります。

 

冬支度は、お早めに!!

 

YES SURF取扱いブランドの詳細は、下記URLからどうぞご覧くださいね。




AIDENTIFYのページはこちら→http://aidentify.com

AIDENTIFYのインスタはこちら→https://www.instagram.com/aidentify/

AIDENTIFYのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/aidentify/




AMSTERDAMのインスタはこちら→https://www.instagram.com/amsterdamwetsuits/

AMSTERDAMのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/amsterdam_w...

 

 

 

 

Reunionのページはこちら→http://www.intermission-info.com/reunion/index.html

Reunionのインスタはこちら→https://www.instagram.com/reunionwetsuits/

 ReunionのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/reunion/

 


 


フォトグラファーのクリス・バーカードも水中撮影の際にAXXE CLASSICのウェットスーツを着用しています。

上記の動画は、ドイツ最大の航空会社「ルフトハンザドイツ航空」のPR動画でのクリス・バーカード。

http://www.nikon-image.com/enjoy/life/nps/magazine...


AXXE CLASSICのインスタはこちら→https://www.instagram.com/axxeclassic/

AXXE CLASSICのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/axxe_classi...


Breaker out のインスタはこちら→https://www.instagram.com/breakeroutwetsuits/

Breaker out のYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/breaker_out...



AXXE,AXXE CLASSIC,BREAKER OUTのページはこちら→ http://www.cworld.co.jp/

 

 

 

CYBERのインスタはこちら→https://www.instagram.com/cyberwetsuits/

 CYBERのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/cyber_shiel...

 

 

 

  

RINCONのページはこちら→http://rinconwetsuits.com

RINCONのインスタはこちら→https://www.instagram.com/rinconwetsuits/

RINCONのYES SURFオンラインショップはこちら→ http://www.yessurfokinawa.com/shopping/rincon_wets...


 皆様のお越しをお待ちしております。

 

YES SURF

詳細はこちらへ»»


「Seea」

ニュース・トピックス 2015年12月11日(金) 更新

「Seea」

いつもYES SURFをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。



女性を美しく魅せてくれるスイムウェア「Seea」。





Seea

SEEA ~ lookbook from The Seea on Vimeo.







Mexico Calling - Seea 2014 Collection from The Seea on Vimeo.


Swell Day | Seea 2015 Collection from The Seea on Vimeo.



Seea" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/163008465">Seea in Panama from The" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/theseea">The Seea on Vimeo.



Pretty" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/194117201">Pretty Lady, Dirty Feet from The" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/theseea">The Seea on Vimeo.






「Seea」ってどんなブランド?


ウェアはみたことあるけど、「Seea」についてあまり知らないという方に改めてご紹介。





Seea創立者&デザイナー "Amanda Chinchelli"


img_amanda.jpg



「サーフィンするときはそれだけに集中したいの」


Seeaの創立者でありデザイナーのアマンダに、なぜSeeaのサーフウェアを作るようになったのか聞くと、きっぱりとした調子で返事がかえってきました。


Seeaにはアマンダ自身がサーフィンする時に感じていたストレスを解消するために、いくつもの画期的な工夫が施されています。



例えば、ラッシュガードが腰の上までめくれあがるのがストレスだったので、タイトな素材でお尻までサポートしてくれる長さで作ってあります。


サーフパンツとラッシュガードがひとつにつながっているSwami'sは、サーフ中に着衣の乱れを気にしたり、ウェスト周りの変な日焼けを防ぐため。



「お尻がはみ出していないか、 水着が乱れてないか、私はかわいく見えているか。サーフ中にはそんなことを気にしたくない」とアマンダは言います。


しかし「いろいろ探してみたけど、かわいくない競泳水着か、サーフするにはセクシーすぎるものしかなかった。だから、かわいくておもいっきり波乗りを楽しめるワンピース水着を、自分で作ったの!」だそうです。


かわいくてファッショナブルその上、アクティブに動けるワンピース水着San-Oを彼女が自分のために作ったのが、すべての始まりでした。





img_amanda01.jpg


デザインのインスピレーションは50年代ビンテージ



南カリフォルニアは、サーフカルチャーの歴史が濃厚に感じられる場所です。特にアマンダのホームブレイクであるSan Onofreは、まるで時間が止まっているかのよう。年代ものの車に乗ったサーファーが集まってきて、今も昔と同じようにサーフしています。「だから 50s'テイストが、私にとってはサーフィンする時のスタイルに完璧にぴったりくるの」とアマンダ 。


Made in The USA - From Laguna with Love: Seea x Thalia from The Seea on Vimeo.



ブラジル生まれ、ベニス育ち、南カリフォルニア在住のファッションデザイナー


Seeaは、どこかホッとするレトロな雰囲気でありながら 同時に「こういうの見たことがない!」と目を見開いてしまう華やかな新鮮さを合わせもっています。


デザインのユニークさは、アマンダの生い立ちにも由来しています。ブラジルのトロピカルな島で生まれ幼少期を過ごし、その後両親の母国であるイタリアのベニスで成長しました。




大人になってから南カリフォルニアに越し、サーフ三昧の日々を過ごしつつ、フリーランスのデザイナーとして米国で有名スケートボードブランドのアパレルや、イタリアの自転車メーカーのアパレルなどを手がけています。



「ブラジルで鮮やかな色彩感覚を与えられ、イタリアで伝統的な色の組み合わせかたを学びました。そしてカリフォルニアのヒッピーでファンキーなカルチャーにインスパイアされています」





img_amanda02.jpg


南カリフォルニアで人気急上昇中

Seeaは彼女自身のためにデザインをしていたものですが、彼女がサーフウェアに求めたものは、当然のごとく周囲の女性サーファー達も求めていました。次々にリクエストと注文が相次ぎ、Seeaが南カリフォルニアのサーフシーンに急速に広がりつつあります。

人気のラッシュガードは、工場から商品が出来上がってくると、わずか2週間で在庫が底をついてしまうほど。Seeaとともに女子サーファーの笑顔が広がりつつあります。

とにかくHAPPYにサーフしたい。





アマンダにとってサーフィンとは何なのか聞いてみました。

「瞑想、ヨガ、祈り。すべての要素を合わせもっているもの。自己表現というアートでもあるし、友達と交流する場でもある。とにかくハッピーになれるものです。日本の女性サーファーたちにも、Seeaのウェアで、おもいっきり自己表現をして、楽しんでもらいたいな!」と、底抜けに明るい笑顔がかえってきました。


おもわずこちらも笑顔になってしまいます。


笑顔が笑顔につながっていく。そんな魔法がSeeaのサーフウェアにかけられているような気がします。






 Seeaの商品は、こちらからご購入できます。



YES SURF「Seea」ショッピングページ





YES SURF

詳細はこちらへ»»


Seea 2018 SPRING SUMMER サーフスーツ・ワンピース・ビキニ・ポンチョ他

ニュース・トピックス 2017年11月18日(土) 更新

Seea  2018 SPRING SUMMER サーフスーツ・ワンピース・ビキニ・ポンチョ他

いつもYES SURFをご利用頂き、誠に有難うございます。


Seeaの新作 2018 SPRING SUMMER COLLECTIONのLOOK BOOK をご案内いたします。



機能的、かつ女性の身体を美しく魅せてくれ、ハイセンスなSeeaのスイムウェアの数々。


年ごとに違ったコンセプトのもと、デザインされた、独自の世界を持つ、 Seeaは、地元カリフォルニアだけでなく、世界各国の多くの女性達に指示されています。


2018年のSeeaのコレクションは、日本の生花からインスピレーションを受けています。


我々日本人にとっては、懐かしく感じるモチーフや線や柄、そして色。


デザイナー、アマンダのフィルターを通した日本のモチーフが海やプール、タウンで花開く 2018コレクションです。


Seea について



※商品の価格は、単位:円(税抜)で表示させていただいております。

価格の記載のない商品に関しては、未定です。決まり次第、アップしていきます。ご了承くださいませ。

当ショップへの未入荷の商品はお取り寄せいただけます。(送料、期間は別途かかります。)


●サーフスーツ・ワンピース・ビキニ・ポンチョ他

まずは、Seeaの代名詞ともなった「Swami's Swim Wear」。

ロングスプリングという長袖、ショートパンツという一体型のウェットスーツがありますが、これは、その形をラッシュガードの生地によってつくられたもの。

保温性は、ありませんが、海では、紫外線から身体を守ってくれ、なおかつ、一体型のため、大変動きやすいスイムウェアです。

ビキニ姿では、ちょっと恥ずかしいなー、ウェアのズレが気になってサーフィンに集中できないなーという方に非常にオススメです。

2018年は、70年代チックなフラワー柄が印象的な「Daisy」、淡いライトブルーのボーダーが爽やかな「Cambray」、和柄を思わせるボトムと深いグリーンの組み合わせがエキゾチックな「Midori」。






Seea Swami's Playsuit Daisy 価格未定



Seea Swami's Playsuit Chambray 価格未定


Seea Swami's Playsuit Midori 価格未定






Floripa Reversible Surf Suit」。身頃は、C-Skinというラッシュガードより少し厚手の生地を使用しており、肩、袖、腕まわりは、ラッシュガードの生地を使用しています。身頃は、暖かく、体を守ってくれ、腕や肩部分は、パドルがしやすい。しかもワンピースなので、ずれやめくれを気にせず、サーフィンに集中出来る、優秀なサーフスーツです。

後ろでゆわえるリボンが可愛い。




Florida Reversible Surf Suit Daisy (C-Skin)  価格未定



Florida Reversible Surf Suit  Emorie (C-Skin)  価格未定



バックスタイルが可愛いと評判のサーフスーツ、「Hermosa One Piece」。

全身がラッシュガードの生地でできており、暑い日の日焼け防止にも大活躍してくれます。

ワンピースなので、ずれにくく、めくれず、集中してサーフィンが楽しめます。




Hermosa One Piece Daya 価格未定



Hermosa One Piece Junko 価格未定


Hermosa One Piece Fiori 価格未定




ショートスリーブのワンピース「Kiki One Piece」。

深目のラウンドネックとボトムの切り替え部分に騙しポケットのデザインがなんともキュート。

このデザイン、体型カバーにも一役買っています。





Seea Kiki One piece Nami 価格未定




ハイネック、ノースリーブワンピースの「Leana One Piece」。

首を日焼けから守ってくれます。

しっかり足の付け根や肩まで日焼けしてくれるので、Tシャツなど着用した時も、変な日焼けラインが気になりません。デザインもエレガンスでオススメのワンピースです。




Seea Leana One Piece Hana 価格未定


Seea Leana One Piece Nami 価格未定


Seea Leana One Piece Aiso 価格未定



Seea Leana One Piece Sumi 価格未定



定番水着の中でも毎年フェミニンな雰囲気で人気なのが、「San-O」。

アンダーバスト部分のベルトで体型カバーをしてくれ、トライアングルのトップも胸元をスッキリ見せてくれます。

クロスバックの紐もエレガントで可愛い。


Seea San-O One Piece Noir 価格未定



がっつりサーフィンを楽しみたい方に好評なサーフスーツ、「Gaviotas Surf Suit」。

身頃がC-Skinという厚めの生地と袖はラッシュガード生地仕様です。ネックのフロント部分の合わせになっているのも首が苦しくならないように配慮されました。




Seea Gaviotas Surf Suit Sunset 価格未定


Seea Gaviotas Surf Suit Chambray  価格未定




3つの異素材を機能性によって、各箇所に使い分けた、ロングスリーブスプリング、「Leah Surf Suit」。

前開きジップが顔周りを引き締めてくれ、首の後ろの日焼けにも対応してくれるハイネック仕様。


Seea Leah Surf Suit Junko 価格未定



2018年YES SURFイチオシのビキニ、「Joney Bikini」。

シンプルなトライアングルのホルターネックタイプのビキニ。首の後ろでゆわえるタイプで、長さの調整もできます。

形状的にアンダーバストのサポート部分がしっかりしているので、首にかかる負担も少なく、快適です。




Seea Jonie Bikini Daisy 価格未定



Seea Joney Bikini Sumi 価格未定



肩ひもと腰ひもが広いゴム状のベルトでサポート力のある、「Margo Bikini」。




Seea Margo Bikini Hana 価格未定




70年代を彷彿させるセパレート水着「Georgia Bikini」。幅広の肩ベルトとキュートな飾りボタン。

ハイウエストボトムの騙しポケットもアクセントになっており、上品でキュートな水着です。


Seea Georgia Bikini Nami 価格未定


Seea Georgia Bikini Sumi 価格未定



そのままで着てもよし、ビキニの上に重ね着もよし、レギンスなどとも相性の良い「Tres Palmas Bikini」。

イージーパンツやヨガパンツと合わせて、リゾートタウンユース、ヨガでも活躍してくれそうです。




Seea Tres Palmas Bikini Sunset 価格未定


Tres Palmas Bikini Junko 価格未定




フリルがガーリッシュな「Lana Bikini」。

気になる部分をカバーしつつ、機能性も重視しています。

Seea Lana Bikini Limon 価格未定




2017年より発表され、人気の高かった「Milos Reversible Bikini」。バックスタイルのリボンがとってもキュート。

ボトムのサイドが、腰骨部分を覆うようになっており、着心地も抜群です。




Seea Milos Reversible Bikini Daya 価格未定


Seea Milos Reversible Bikini Sabi 価格未定



Seea Milos Bikini Midori 価格未定




プリントの切り替えが絶妙にキュートな「Adria Bikini」。


Seea Adria Bikini Emorie 価格未定



ハイネックのトップがキュートな「Victora Bikini」。

Seea Victoria Bikini Midori 価格未定



毎年、数量が少なく、限定生産であっという間に売り切れてしまっていた、Seeaのポンチョ。


今年は、もう少し、皆様にご提供できる枚数に増やし、形も3パターン、ファブリックも2タイプになりました。




ロングカーディガンのような「Linda Mar Wrap」。タオルとしても、日焼けや寒さから体を守るウェアとしても使え、おしゃれなアイテムです。ビーチサイドやプールサイド、シャワー後のくつろぎタイムに使えるシーンが広がりそうです。

Seea Linada Mar Wrap Sand 価格未定


Seea Linda Mar Wrap Marin 価格未定




シンプルなスタンダードな「Muir Poncho」。



Seea Muir Poncho Sand 価格未定




Seea Muir Poncho Marine 価格未定




Seeaらしいユニークなお着替えケープ、「Changing Cape」。ポケットがサイドについています。


詳細はこちらへ»»


1 2 3 4 5 6 7 
1件~5件/2051件