沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

News & topics


DVD「FISH」入荷しました!

ニュース・トピックス 2017年05月21日(日) 更新

DVD「FISH」入荷しました!

いつもYES SURFをご利用いただき、誠にありがとうございます。


おまたせいたしました。


DVD『FISH』が 遂に入荷しました!


オルタナ系サーフボードの代表的ボードのようにも語られる「フィッシュ」。

1960年代の初頭にカリフォルニア‧サンディエゴで生まれたフィッシュサーフボードの歴史を著名なシェイパー&サーファーが語り尽くすドキュメンタリームービー。

1960年代のレトロな映像と現代のサーファーの美しい映像がシンクロしてフィッシュボードの魅力を映し出します。

ダン・マロイやラスタを始め、フィッシュボードはこの人抜きでは、語れないであろうサーファーのライディング映像が、ワクワクしてフィッシュに乗りたくなってしまいます。



また、シェイパー達のフィッシュの誕生についてのあの話、この話。

スティーブが、スキップが、デレクが、マークが語る。

トム・カレンがフィッシュに乗り、ロブ・マチャドがフィッシュに乗る。

競技サーフィンのためのボードをシェイプしていた、アルメリックがフィッシュを削った日。

商業主義から、コンペティションサーフィンからの脱却。

第一世代フィッシュシェイパーから第三世代へ。

フィッシュボードの裏側に見える、サーフィンヒストリー。サーフィンカルチャー。

そして、フィッシュの性能とは。。。


面白いです!




文章 ジェフ・クラークより

この映画を見て、私は自分が大好きなもの、そしてその存在があまりにも当たり前だったために感謝すらしなかったものの大切さに気付かされた。
いつもカスタムメイドのフィッシュで波乗りをしているにもかかわらず、私は誰がどのようにしてこのデザインとスタイルを生み出したのか気にかけもしなかった。

私にとって、フィッシュとはそのくらい当たり前のものだった。しかし、フィルムメーカーのジョセフ・ライアンは違った。
我々にとっても幸運なことに、彼はフィッシュ誕生の秘密を解き明かそうとしたのだ。しかも、5年の歳月と全財産をこのフィルムにつぎこんで。



このフィルムは、フィッシュデザインの誕生と、そのインパクトが30年後のサーフィンカルチャーにどんな影響を与えたのかを捉えている。


フィッシュの開発にかかわったシェイパーやパイオニアたちへのインタビューを通して、監督のジョセフ・ライアンはフィッシュがどのようにサーフィンを変えたのかを描いた。



■キャスト:スキップ・フライ、ロブ・マチャド、デイブ・ラストヴィッチ、マーク・リチャーズ、ダン・マロイ、ドノヴァン・フランケンレイター、スティーブ・リス、スタンレー・プレスカナス、ジェフ・チン、デヴィッド・ヌヒア


■ミュージック:ギャレット・カトウ、カイル・リオンハート、ウィル・コナー


●監督・脚本:ジョセフ・ライアン プロデューサー:ジョセフ・ライアン

●エグゼクティブ・プロデューサー:ジェフ・クラーク、リサ・ラパン

●製作:フリーウェイ・プロジェクト

●配給・宣伝: レイドバックコーポレーション


2016年/アメリカ映画/82分/カラー/ビスタ/原作FISH




オンラインショップでも好評発売中です。


「FISH」




YES SURF

詳細はこちらへ»»


BING SURFBOARDS

ニュース・トピックス 2016年10月16日(日) 更新

BING SURFBOARDS

BING SURFBOARDSの歴史とこれから

カリフォルニアで老舗のサーフボードブランドであるBING SURFBORDS SHOPは、

サンディエゴのエンシニータスの明るい街並みの中、静かに佇んでいました。



 SURFBOARDSの創始者のビング・コーブランドは13才でグレッグ・ノールとマンハッタンビーチピアでサーフィンを始め、ヴェルジーに目をかけられ、ベルジー&ジェイコブスのショップでの掃除から彼のキャリアは、スタートしました。

やがてシェイプを任せられるようになり、リック・ストーナーとBING & RICKを立ち上げ、それがBING SURFBOARDSの前身となりました。

ライダーであり、シェイパーであったドナルド・タカヤマのシグネチャーモデルやノーズライダーのベースとなったデイビッド・ヌヒワノーズライダー等、今でも多くのファンを持つBING SURFBOARDSの当時のモデルは、60~70年代のサーフボードの進化の中で重要なポジションを担っていました。

現在は、マット・カルバーニがオーナーシェイパーとして、BING SURFBOARDSの看板を引き継ぎ、多くの有名ライダーと共に進化を続けています。タイラー・ハジキアンと共にジェイコブスよりシェイプ技術を引き継いだマット・カルバーニ。多くの時間をシェイプに注ぎ込んできた技術と真摯なモノづくりに対する姿勢でクラシカルなロングボードから、最新の理論や流行を盛り込んだミニボードまで幅広いラインナップをそろえています。



Bing" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/76551103">Bing Surfboards - The Boardroom: Icons of Foam Tribute to the Masters 10/5/13 - 10/6/13 from Bing" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/bingsurfboards">Bing Surfboards on Vimeo.



BING SURFBOARDSに関するヒストリーはこちら。

BING SURFBOARDS HISTORY



清潔で几帳面なイメージのマットカルバーニ。今回の訪問に際しては、約束の時間にファクトリーの玄関前にて私達を待っていてくれていました。


住所は間違いないのに、看板がない。よく見たらマットの足元に。


マットのパーソナルシェイプルーム。

チームライダーのMele Saili (メレ・サリ)のNEWモデルをシェイプ中でした。



Photo by

BING SURFBOARDS


オーダーがずらり。

気持ちよく整理整頓された道具類。マットが作り出すボードの美しさや乗り心地のフィーリングがイメージできます。

クラシカルなボードのイメージが強いBINGですが、クリス・デル・モロの意見を取り入れた斬新なボードの製作も。


「ボディボードのようなサーフボードを!」とのリクエストでモデル化された『Speed Squareスピードスクェア』。




シェイパーのマットとDavid Rastovichによって生まれたツインフィッシュの『Sunfish』モデルなど今も進化を続けています。



Dave" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/155495932">Dave Rastovich Tests a Bing Sunfish from Nathan" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/nathanoldfield">Nathan Oldfield on Vimeo.




マットがシェイプしたボードをスタッフが分業して仕上げていきます。



ボードを乗った時の完璧で緻密なフィーリングから、もっと神経質な人をイメージしていましたが、すごく気さくで笑顔のキュートなとても優しい方でした。私達の細かい質問やリクエストにも誠実に一つ一つ答えてくれました。



質問の内容は、基本的なサーフボードの機能からはじまり、BINGの色々なモデルの特徴についてや、沖縄の波質にあうボードについてなど。

パーフェクトにも思える、カリフォルニアのメローな波質で機能するボードと沖縄のショートショルダーなホローウェーブで機能を発揮できるボード。

もちろんアメリカ人と日本人の体格の差などもあります。そのあたりもいまあるモデルをカスタマイズさせて、より普段乗る波にフィットしてくれるボードをシェイプしてくれるそう。


楽しみです!


最後は、奥様とも一緒にパチリ。



BING SURFBOARDSのカスタムオーダーからご希望のモデルのご相談までYES SURFにてお承ります。


YES SURF オンラインショッピングはこちらから


BING SURFBOARDS ONLINE SHOPPING



SPECIAL THANKS PHOTO by Tomoko .H. Matsubayashi

tomografica


YES SURF




詳細はこちらへ»»


THE HARD MAN 2017 続々入荷中です!

ニュース・トピックス 2017年05月04日(木) 更新

THE HARD MAN 2017 続々入荷中です!

いつもYES SURFをご利用いただき、誠に有難うございます。


晴天に恵まれた、沖縄のGW。


夏日のような太陽サンサン、キャンプやBBQを楽しんでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?


JAPAN メイドのボードショーツブランド、「THE HARD MAN」のボードショーツがYES SURFに続々入荷中です。


陸履きでも、海履きでも!


この夏ヘビーユース間違いなし。シンプルでスタイリッシュなボードショーツです。




入荷次第、YES SURFオンラインショッピングにてご紹介していきます。


どうぞ今後の入荷アイテムもお楽しみに!


THE HARD MAM


現在YES SURFで展開中のモデルはこちら。


[THE HARD MAN] Baggies (Gradation) Board Shorts


[THE HARD MAN]SHIBORI Baggies(krush) 17inch Navy


[THE HARD MAN]SHIBORI Baggies(krush) 17inch Olive


[THE HARD MAN] Woodland Camo Baggies


[THE HARD MAN] Hunter Camo Baggies


[THE HARD MAN] Neon Baggies 15inch Yellow



[THE HARD MAN]Basic Baggies Navy


[THE HARD MAN]Basic Baggies Black


[THE HARD MAN]Marine Boarder Baggies 17inch




YES SURF



詳細はこちらへ»»


ロングジョン&ジャケット最強説

ニュース・トピックス 2017年04月15日(土) 更新

ロングジョン&ジャケット最強説

いつもYES SURFをご利用いただき、誠に有難うございます。


さて、冬の寒さも日々緩み、海水温もだんだんと上がってきて、たまの夏のような暑さを迎える日も多くなってきました。


こんな時サーフウェアに悩みますよね。


でもまだまだ、ラッシュガードで海に入るには、寒い。寒すぎる。


そんな沖縄のサーフィン女子、SUP女子にYES SURFがオススメするのが、ロングジョン&ジャケット。




この組み合わせ、最強です。


ひと昔前までは、女性には、あまり馴染みのなかったこのウェアの組み合わせ。


肩まわりの露出が気になる女性サーファも多かったようです。


でも、実際のところ、使ってみるとすごく機能的で、長いパドルも楽チン。


肩まわりの露出もフロントジップにする事で視線をジップに誘導し、スッキリした印象に。





2mmジャケットと合わせると、身頃部分は、4mm。


3mmフルスーツより生地厚は厚くなります。


脱着も楽で、保温性があり、体温調整もでき、体が動かしやすく、リーフやこれから増え始めるチンクイやクラゲから身を守ってくれ、なおかつ下半身を冷やさない。


大きな波にチャージするときは、ロングジョンだけでも浮力体にもなってくれます。



タッパーやジャケットだけでは、大きな波にチャージして、ワイプアウトしたら悲惨です。




フロントジップタイプなので、このデザインが顔周りを締めてくれます。


あと、サーフトリップに持って行くウェットスーツとしても、重宝します。


外気は暑い、夏や秋の季節、でも海水温が低いサーフポイント。


日本本島、カリフォルニアや台湾北部、ヨーロッパ、オーストラリアやニュージランドなど。



現地でのサーファーも愛用のこのロングジョン&ジャケットがあれば、すごく便利。


Special Thanks photo by Tomoko Matsubayashi



暑ければ、ロングジョンだけで、少し肌寒ければジャケットを羽織って。


フルスーツより軽くて、かさばらないので、旅のお供としては、とても優秀です。


乾くもの早い。


良い事づくめのロングジョン&ジャケット。


YES SURFでは、マリンアクティビティを楽しむ女性のために既成サイズで下記ブランドより絶賛販売中。


どうぞご試着しに来てくださいねー。




[AXXE CLASSIC FEMME] BLACKOUT LONG JOHN 2MM SLATE



[AXXE CLASSIC FEMME] BLACKOUT LONG JOHN 2MM BOLD




[AXXE CLASSIC FEMME] BLACKOUT JACKET 2MM SLATE



[AXXE CLASSIC FEMME] BLACKOUT JACKET 2MM BOLD



[AIDENTIFY] Limited LONG JOHN 2MM FEMME



AIDENTIFY AF JACKET LADIES


その他、YES SURFでは、カスタムオーダーも受付しております。


あなたにピッタリなロングジョン&ジャケットでこれからの季節、サーフィン、SUPとマリンアクティビティを快適に楽しんでください。



YES SURF



詳細はこちらへ»»


CATCH SURF ODYSEA フィンレスの巻

ニュース・トピックス 2017年02月25日(土) 更新

CATCH SURF ODYSEA フィンレスの巻

いつもYES SURFをご利用頂きありがとうございます。

キッズからトッププロまで多くのサーファーに愛されている大人気のソフトボード、「CATCH SURF」。

NAKI SURF主催の船木さんことNAKIさんと一緒に沖縄南部の海で「CATCH SURF」の「ODYSEA」7'0"と8'0"に乗ってみました。

どんなに難しい顔でサーフィンしている人でもついつい顔がほころんでしまうようなこの楽しいボードの魅力は、すでに経験済みの方も多いハズ!


なんと、NAKIさんのボードは、フィンレス。

そういえば、カリフォルニアでも、NAKIさんとスコッティ・ストップニック氏は、ODYSEAをフィンレスで楽しんでいました。


上の写真は、その時の、私のソフトボードフィンレス初体験 in CA。

勝手にくるくる回るボードに必死に身体をあわせて、ライディングするこの楽しさ!

くせになります。

私は、CATCH SURFのハンドプレーン「WOMPER」で、撮影も兼ねていざ海へ。

手前のボードは、ジェイミー・オブライアンモデル。

波は、面ツルの腰サイズのファンウェイブ。リラックスして楽しめそうです。


さすがNAKIさん、初めてのポイントなのに、沖縄特有の波もすっかり読んでしまって、フィンレス「Odysea」でテイクオフ!

そしてテールスライド!

あまりに軽やかで鮮やかなボードさばき。

かっこいい!

ウナギクネクネサーフィン、ウナクネ道、ハッピーサーフィンは伝染します。

みんな笑顔でサーフィン!

みなさん、本当に楽しそう。


私も撮影の合間をみて、CATCH SURFのハンドプレーンでボディサーフィン。

この手軽さと波乗りの楽しさがすっごくよいです!

純粋な波乗りの楽しさって、もしかしてこれに近いのではと思うほど。

我らがCATCH SURF隊長、自称ウナクネ・エックス流、ウナクネ山本氏がナキさんの勧めで、フィンレス初トライ!


残念!テイクオフならず!


このフィンレス、実は、パドルからして非常に難しいのです!


きちんとまっすぐ軸をとりながら、身体の中心でバランスがとれていないと、パドルすらままなりません。


まっすぐパドルしたくても、テール部分が右に左にぶれるのです。


もちろんテイクオフも基本通りにきちんと、そして丁寧に動作を行わないと、ボードは乗せてはくれないのです。

ちゃんとテイクオフしたつもりが・・・

↑色々雑だと、こうなったり、

↑こうなります。(笑)


恐るべし。フィンレス。


お遊びなのに甘くない。


しかし、アライアボードよりは、浮力もたっぷりありますし、挑戦しやすいので是非おためしを。

基本動作のよい練習になります。


苦戦するフィンレス初挑戦チームを優しい眼差しで見守りつつ、すいすい、楽しそうにOdysea 7'0" トライフィン ジェイミー・オブライアンモデルにのるNAKIさん。

チューブもねらっちゃいます。

フィンレスのコントロールに慣れてきた初挑戦チームも初ライド成功!


フィンレスの魅惑にはまってしまったご様子。


いいですね。CATCH SURF「Odysea」。


ソフトボードだからこそ、失敗しても「てへぺろ」で笑える感じ。


フィンレスの難しさも、サーフィンをはじめた頃を思い出してワクワクします。


日々感じるサーフィン技術の習得の難しさをふきとばしてくれるほどの楽しさと自由。サーフィンってこれでいいのかも。


あー、楽しかった。



YES SURFでは、2017年「CATCH SURF」NEWモデルが4月頃から続々入荷する予定です。


まだ持っていないあなた!


是非!


一家に一本!


YES SURF

詳細はこちらへ»»


1 2 3 4 5 6 7 
1件~5件/2013件