沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

News & topics


SIC SURF BOARDS 7.2 TOUGH TEC DRIFTER入荷予定のお知らせ

ニュース・トピックス 2021年01月25日(月) 更新

SIC SURF BOARDS 7.2 TOUGH TEC DRIFTER入荷予定のお知らせ

いつもYES SURFをご利用いただきありがとうございます。


多くのお客様より好評いただいております「SIC SURF BOARDS 7.2 TOUGH TEC DRIFTER」が2月1日ごろ3本入荷いたします。


今回完売になりますと、再入荷まで時間を要してしまう可能性もございますので、お探しのお客様は是非、ご検討ください。


ショッピングページはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/board/length7-7.11/sic_surf_boards_7_2_tough_tec_drifter.html




   

 

・サイズ:7.2" × 22 1/4 "× 3 " (218.4cm×56.5cm×7.6cm)


・CL値:54.5L


・テール:スカッシュテイル


・ボード解説


ボードの安定感とイージーパドリングを可能にするワイドなアウトライン。


ターンの操作性も高く、非常に乗りやすいモデルに仕上がりました。






SICは、マウイとカリフォルニアに開発拠点を置いているボードメーカーであり、フランス西海岸の自社工場を持つBicSportと合併して新たな展開を見せるグローバルブランドです。


いろいろな波のコンディションで楽しめることがテストで証明されたシェイプを取り入れています。


BIC社独自のTOUGH製法シリーズを引き継ぎ、SIC SURFBOARD TOUGH TECとしてバージョンアップ。


通常のボードの3倍の強度を誇り、様々な環境にも耐え、軽量化されました。






 


 

 

実証済みのエポキシ構造


ここ数年ほどでサーフボードの工法が多く変わりました。ボードを作る方法は、ポリエステル・フォームやファイバーグラスを使用する従来の方法だけではなくなりました。現在サーファーたちはいろいろな工法でつくられたボードを楽しみ、選べるようになり、ボードも軽量でありながら強度が高められました。


BICスポーツはエポキシ構造によるボードメイクにおいて10年以上のキャリアがあり、サーフボード製造において先駆けとなり、業界初のエポキシ・コンポジット・サーフボードのラインをつくってきました。


BIC スポーツのE-Comp(エポキシ構造)は、似たようなポリエステルで作られた他のサーフボードと比べ、固さと重さは一緒で、強度だけ30%も向上したボード製造技術です。よりレベルの高いサーファーの要望に応え、E-Compは中級レベルのサーファーだけでなくショートボードで波に乗り馴れている上級レベルのサーファーに満足してもらえるシェイプです。 


トップとボトムはASAで、アルミニウムをモールド加工してつくられています。これらのフォームの表面はモールド加工した後に形づけられ、6ozファイバーグラスとエポキシレジンのクロスを巻いた軽量のEPSフォーム・コア(現在最も軽量のサーフボード用フォーム)と合わせて、ボードの強度を高めます。


この工法が非常に堅く軽量なサーフボードをつくることを可能にし、通常のポリエステル製サーフボードに比べ、その性能や重量を代えずに強度だけを30%アップすることもできます。


 

 

※SIC & BICサーフボードとは・・・

   

クオリティが高く丈夫で、簡単に乗れるサーフボードをつくることによってサーフィンの発展に貢献する。1992年よりビックサーフボードはクオリティが高く丈夫で、乗りやすいボードをサーフィン体験者が使えるように作り続けてきました。私たちの目標はさまざまなサーファーが幅広いコンディションで使えるサーフボードをつくり。サーフィンの興奮を多くの人と分かち合うことです。

 

『過去を誇りに将来を創造する』過去15年という年月、ビックサーフはあらゆるサーファーにマッチするボードを開発してきました。特定の地域に完璧にマッチするボードを求めるプロ級サーファーから安定性とパドルのしやすさを求める完全なビギナーまで、対象はあらゆるサーファーです。

 

ビックサーフボードは独自のラインナップを開発し、サーファーである誰もの心に残るブランドとなりたいと考えます。

 

すべてのビックサーフボードは経験豊かで才能にあふれたシェイパーによってひとつひとつプロトタイプを起こしてつくられています。そして新しいモデルのアイディアがシェイパーに浮かんでから最終的なシェイプが決定するまで、クオリティに関する厳しい監視を怠ることなく、数ヶ月もの間、何度もテストを繰り返します。テストライダーは数ヶ月もの間、ひとつのモデルのテストをひたすら繰り返し、フィードバックが行われ、より良いボードが生まれるのです。

 

ビックサーフボードが現在の評価を勝ち取ってきた理由のひとつは、つくってきたボードのパフォーマンスにあると、自信を持ってお伝えします。

   

 

 

YES SURF

詳細はこちらへ»»


HOBIE / TYLER WARREN SHAPES入荷

ニュース・トピックス 2021年01月22日(金) 更新

HOBIE / TYLER WARREN SHAPES入荷

いつもYES SURFをご利用いただきありがとうございます。

 
2021年最初の入荷は、1950年から続くサーフシーンをリードし続ける『HOBIE』& サーファー、アーティスト等、幅広い分野で活躍するタイラーウォーレンシェイプの『TYLER WARREN SURFBOARDS』です。


『HOBIE』オンラインページはこちら→  http://www.yessurfokinawa.com/shopping/hobie/


『TYLER WARREN SURFBOARDS』オンラインページはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/tyler_warrenwet_surfboards/









カスタムオーダーも受け付けています。


是非、ご相談ください。



YES SURF 


詳細はこちらへ»»


「CAPTAIN FIN 」入荷

ニュース・トピックス 2021年01月18日(月) 更新

「CAPTAIN FIN 」入荷

いつもYES SURFをご利用いただきありがとうございます。

 

 

本日、アーティスティックなグラフィックと機能性が融合した「CAPTAIN FIN 」より、シングルフィン、ツインフィン、ツイン+スタビライザーが入荷しました。

 

 


モダンツイン、クラシックツイン、ミッドレングスやロングボード、SUPの2+1やシングルフィンとして活躍するサイズです。

 

   

ショッピングページはこちらから→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/captain_fin_company/

 

 

 

  




2007年、カリフォルニアのスタイルマスターとして知られるミッチ・アブシャーと、彼の仲間たちを中心にスタートしたキャプテンフィン。


ロングボード用のフィンはもちろん、レトロシングルやハル、エッグまでラインナップは多彩で、そのデザインはアレックス・ノストやタイラー・ウォーレン、トーマス・キャンベルを始めとする、現代のサーフシーンをリードするライダーやアーティストとのコラボで作り出される。


また、各モデルにはテンプレートだけでなく、一点一点オリジナルのアートワークが落とし込まれるこだわりよう。


アーティスティックなグラフィックと機能性が融合したフィンは、競合が多いサーフブランドの中においても独自の存在感を確立している。

 
 
 
 
YES SURF
 
 
     

詳細はこちらへ»»


BING SURFBOARDS 入荷予定のお知らせ

ニュース・トピックス 2021年01月15日(金) 更新

BING SURFBOARDS 入荷予定のお知らせ

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠に有難うございます。


大変長らくお待たせしておりますBing Surfboardsが2月初旬頃に6本入荷いたします。


1、「DHARMA」


シェイパーのマットカルバー二とクリス・デルモロにより開発されたDHARMA。




フィッシュとスラスターボードの特徴を併せ持ち、様々なコンディションで多くの波をキャッチし、ファンサーフをコンセプトに設計されたモデルです。




※クリステルモロのDHARMAのライディングは、02:40頃から。




サイズのある波はもちろん、パワーレスな小波、ジャンクコンディション、様々なコンディションで多くの波をキャッチし、素晴らしく走ってくれます。


抑えめのノーズロッカー&幅広のノーズ幅は、波を簡単にキャッチすることが出来ます。


また、薄く入ったコンケーブデッキ(デッキ側の凹み)はパドル時に体を包み込み、レイル近くまでボリュームをとることでグラつきのない安定感のあるイージーなパドリングが可能です。


テール幅の広さは、ライディング時の失速を防ぎ、適度な厚みでテールコントロールをイージーにしてくれます。


加えて、クワッドフィンがコントロールを軽くし、バーチカルな動きにも対応してくれます。




※アンバサダーのHannah Van Veen(ボードサイズ5.2")のライディングは01:00頃から



入荷予定(4本)詳細は以下の通りです。


・5.6"×21"×2 5/16 (167.6×53.3×5.9 ) 32.4L  カラー:Smokey Blue Tint  仕上げ:Gloss Polish


・5.8"×21 1/8"×2 5/16 (172.7×53.6×5.9 ) 33.7L  カラー:Brunt Orange Tint  仕上げ:Gloss Polish


・5.10"×21 1/2"×2 3/8 (177.8×54.6×6.0 ) 36.1L  カラー:Black+Old board brown Tint  仕上げ:Sand Gloss


・6.0"×21 3/4"×2 1/2 (182.9×55.2×6.3 ) 39.5L  カラー:Pale Yellow Tint  仕上げ:Sand Gloss



2、「Cypress」

様々なコンディションで機能するモデル。 


FISHボードのスピードと伸びのあるターン、更に高い操作性を求めるサーファーにオススメです。





わずかに広めに設定したノーズ幅、ワイデストポイントをセンターより前方に置くことでレイルラインを長めに設定でき、十分な浮力を確保し、速いパドルスピードを可能にしました。


また、FISFボードの動きの良さを併せ持つモデルです。


これにより、テイクオフ後のスピードに乗ったダウンザラインから波のポケットに簡単に操作することが可能になりました。


広めのスカッシュテールはフラットセクションでスピードをキープし、わずかにつけたノーズロッカーは、深いボトムターンやトップでのボードコントロールが容易になります。


素早いテイルコントロールのためにツイン+トレイラーセッティングでデザインされていますが、コンディションによりトライフィンセッティングも可能。





※プロサーファー Kahana KalamaのCypressのライディング動画。




※Bing マーケティングスタッフPaul Nettのライディングは00:23頃から


入荷予定(1本)詳細は以下の通りです。


・5.8"×20 1/2"×2 1/2 (172.7×52.0×6.3 ) 31.6L  5Fin 

カラー:Dark Red Tint 仕上げ:Gloss Polish 



3、「Pig Former」




60年代のグライドとトリム、70年代と80年代のスムーズで美しいライン、カービング。


ハワイでのビッグウェーブサーフィン等、すべての時代の属性を組み合わせた、スタイリッシュなスタイルのためのBing Newモデルです。




※BingライダーWill Allen(ボードサイズ8.0")のライディング動画。



シェイパーのマットカルバーニが、60年代初頭のPigのアウトラインにインスパイアされたモデルです。


細くなったノーズ、広いテイルエリアを持つアウトラインは、はるかに少ない労力でより早く波をキャッチすることができます。


ロッカー、レール、フォイルのバランスを見直し、8'6 "のボードが、7'6"のボードのように回転し、9'6 "のボード同様のパドルスピードを持つボードに仕上がりました。


グライド、スピード、パドリングのための洗練されたフラットロッカー。


薄くシェイプされたダウンレールは、スムースなターンを可能にし、より大きな波をコントロールすることもできます。



入荷予定(1本)詳細は以下の通りです。


・8.6"×22 5/8"×2 3/4 (259.1.×57.4×7.0 ) 57.8L    カラー:Concrete Green Tint  仕上げ:Sand Gloss






全てのモデルのカスタムオーダーも受け付けております。


詳細に関するご相談は、YES SURFまで。


お問い合わせ



BING SURFBOARDSについて



YES SURF

詳細はこちらへ»»


極秘レシピの絶品WAX「FU WAX」入荷!!

ニュース・トピックス 2021年01月14日(木) 更新

極秘レシピの絶品WAX「FU WAX」入荷!!

いつもYES SURFをご利用いただきありがとうございます。

 

本日、『FU WAX』WARMタイプ、TROPICALタイプが入荷しました。


http://www.yessurfokinawa.com/shopping/wax/





ケリー・スレーターを初めとするWCT選手御用達の高性能WAX!

 

※価格:1個 990円(税込)

    


FU WAXはTOPコートとして薄く塗るだけで十分に効果を発揮します。

 


ボードに対してWAXを平らにし薄く塗り糸状のWAXが出てきたところで完了すれば無駄に塗りすぎること無く、より多くの回数を使うことができます。

 


※WAXを平らにして、数度、薄く塗り、写真のように糸が出て来たところで完了です。

 


SRFP-120400-WAX-003d.jpg


 

誰れに聞いてもその存在が幻のようだった『FU WAX』をケリー/スレーターは2012年にはもうすでにWCTで使っていたようです!


 



 

Brad Garlackさんも熱狂的な「FU WAX」のヘビーユーザー!

 


10888780_379243932256402_6794355669731811930_n.jpg

 


FU WAX TEAM「Hiroto Arai」

 


11029497_405507349630060_2415956779792015711_n.jpg

 


11052234_787912044626727_4125750207683782729_n.jpg

 


 

FU WAXについての名言をどうぞ。



『これはイカサマだ!パフォーマンスが30%向上する、まるでストラップが付いているようだ!』マーティン・ポッター談


 

10954555_10200333118207302_1820850850653525166_n.jpg

 


 

お持ちのBASE COATをしっかりと塗ってから、薄くFU WAXを重ね塗りしてください。

 


今までのWAXのように厚塗りの必要がないので、とっても経済的!

 


是非!お試しくださいね。

 


 

YES SURF

   

詳細はこちらへ»»


1 2 3 4 5 6 7 
1件~5件/2158件