沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

News & topics


Our recommended wetsuits 2018

News & topics FRI Nov.02.2018 Update

Our recommended wetsuits 2018

いつもYES SURFをご利用いただき、誠に有難うございます。 



  

2018年 秋冬 ウェットスーツオーダーフェア 開催中!!

 

 

オーダー期間:11月1日(木)~1月31日(木)まで


対象ブランド:AIDENTIFY、AMSTERDAM、AXXE 、AXXE CLASSIC 、BREAKER OUT、CYBER  、RINCON、REUNION


 

特典:通常10%かかるウェットのオーダー料が無料。


 

 

 

ウェットスーツタイプ:ベスト、タッパー(半袖・長袖)、スプリング、シーガル、ショートジョン、ロングジョン、フルスーツ

 

20度以下の水温にほぼ下がることのない暖かい沖縄の海ですが、一番寒い12月下旬~3月は、冷たい北風が吹き、体感温度がぐっと下がります。

 

でも3mm×3mmの起毛素材のフルスーツがあれば大丈夫。 

 

更に、風を遮ってくれるラバー素材を上半身の表面に使うと格段に保温性がアップします。

 

特に女性の方には、保温性を重視したウェットスーツを着用してほしい。

 

海上がりは、思っているよりずいぶん体は冷えているのです。





  

また、サーフィン中にストレスの少ない、ノンジップタイプフルスーツやロングチェストジップもYES SURFではおススメしています。



 

バックジップタイプしか着用した事がない方。

 

是非この着心地の良さを体験して頂きたい。

 

ヤミツキになります!!

 

    

YES SURFでオススメしているカスタムオーダーメイドのウェットスーツブランドは、どれも日本国内のファクトリーで丁寧に職人さんがひとつひとつ心をこめてつくってます。

 

image1.jpg  image2.jpg

 

 

 

みなさん、どうして水の中にいて寒い風に吹かれているのに、ウェットスーツを着ると暖かいか、その理由をご存知ですか?

 

 

それは、海に入ったときに、ウェットスーツの生地と肌の間に入った海水が、体温とウェット生地の発熱性などにより温まり、その温まった水がウエットスーツの中から出たり、入ったりしないからです。

 

 

サイズが大きかったり、縫製が荒く、ピンホールの多いウェットスーツは、水が出たり入ったりして、着ているうちにどんどん寒くなってきます。

 

 

またサイズのあっていないウェットスーツは、ヨレやシワや縫い目などが肌をこすり、擦れて痛くなったり…。

 

 

でも!ご安心ください!!

 

 

YES SURFでは、ウエットスーツオーダー採寸技能修了資格を持っているスタッフが30箇所以上の身体箇所をきちんと採寸いたします。

  

 

しかも、ウェットスーツの生地の進化や技術の発達のおかげで、オススメしているブランドのウェットスーツは、とっても伸縮性に優れていて、柔らかいのです。

 

保温性だけでなく、様々な特性をもった起毛素材がたくさんあります。

 

風を通しにくく、保温性をさらに高めるラバー生地も柔らかく、しかも傷つきにくく、固くなりにくい。

    

メーカーさん達の努力に頭が下がります。


その努力の結晶の一つ。


AXXE CLASSIC、BREAKER OUT、AXXEで使用される動くほどに暖かくなるウエット素材。





   

着ていて暖かく、快適で、それでいてかっこいい。

 

寒い冬でもストレスのない暖かいウェットスーツで、楽しく、集中してサーフィンしましょう!!

 

現在オーダーを頂いてから、お手元にお届けできるまで約3週間ほどかかります。

 

冬支度は、お早めに!!

 

YES SURF取扱いブランドの詳細は、下記URLからどうぞご覧くださいね。



AIDENTIFY WETSUITS




サーフィンを長く続けることって難しいことかもしれない。結婚、出産、就職、怪我、病気様々な理由で海から離れなくてはならない理由が出来る。でもどんな環境に身を置こうが、どんなにサーフィンから離れていようが、自分がサーファーであること、自分の本来の姿がそこにあることそれをIdentifyすることで安らぎを感じるし、辛いことも乗りきってもいける。そして波乗りが出来るのなら、1日でも多く波に乗ってもらいたい。どんな波でもどんなボードでも楽しんだもの勝ちなんだから。
そして“Ride with Style”そこにスタイルをもって。





AIDENTIFYのページはこちら→http://aidentify.com

AIDENTIFYのインスタはこちら→https://www.instagram.com/aidentify/

AIDENTIFYのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/aidentify/


AMSTERDAM WETSUITS

Black is Beautiful



AMSTERDAMのインスタはこちら→https://www.instagram.com/amsterdamwetsuits/

AMSTERDAMのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/amsterdam_w...

 


 

REUNION WETSUITS

カリフォルニアで誕生した、自由な発想から生まれる個性的なウェットスーツメーカー「Reunion Wetsuits」。


 

 

Reunionのページはこちら→http://www.intermission-info.com/reunion/index.html

Reunionのインスタはこちら→https://www.instagram.com/reunionwetsuits/

 ReunionのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/reunion/

 


AXXE CLASSIC WETSUITS

国内外から高い支持を得て、多くの有名シェイパー、サーファーがコラボレーターとしてサポートしている国内ウエットスーツメーカー。


高い技術と情熱、シンプルでラグジュアリーなデザイン、高品質な自社開発のウエット生地、AXXE CLASSICをお勧めする理由はたくさんあります。


BRAD GERLACHCHRIS CHRISTENSONCYRUS SUTTONCJ NELSONANNA ERGHOTT

MELE SAILIANDREW KIDMANなどのたくさんのコラボレーターに加え、JON WEGENER氏やALRIK YUILL氏、モデルで活躍中のマーシー氏も愛用中です。





 




フォトグラファーのクリス・バーカードも水中撮影の際にAXXE CLASSICのウェットスーツを着用しています。

上記の動画は、ドイツ最大の航空会社「ルフトハンザドイツ航空」のPR動画でのクリス・バーカード。

http://www.nikon-image.com/enjoy/life/nps/magazine...



サーフムービー「NAUSICAA」でもAXXE CLASSICは、協賛しています。




ちびっこも。


親子で。





AXXE CLASSIC FEMME

女性サーファーによる女性のためのウェットスーツをメイドインジャパンの高品質でお届けします。





AXXE CLASSICのインスタはこちら→https://www.instagram.com/axxeclassic/

AXXE CLASSICのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/axxe_classi...



BREAKER OUT





Breaker out のインスタはこちら→https://www.instagram.com/breakeroutwetsuits/

Breaker out のYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/breaker_out...


AXXE

コンペ志向のアスリートから絶大な人気を誇るAXXEの2018FFカタログのカバーはサリー・フィッツギボンヌ。



AXXE,AXXE CLASSIC,BREAKER OUTのページはこちら→ http://www.cworld.co.jp/


CYBER 


 

 

CYBERのインスタはこちら→https://www.instagram.com/cyberwetsuits/

 CYBERのYES SURFオンラインショップはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/cyber_shiel...

 


RINCON WETSUITS


 


  

RINCONのページはこちら→http://rinconwetsuits.com

RINCONのインスタはこちら→https://www.instagram.com/rinconwetsuits/

RINCONのYES SURFオンラインショップはこちら→ http://www.yessurfokinawa.com/shopping/rincon_wets...


 皆様のお越しをお待ちしております。

 

YES SURF

more»»


Seea 2019 SPRING SUMMER Now on sale!

News & topics SUN Nov.04.2018 Update

Seea  2019 SPRING SUMMER Now on sale!

いつもYES SURFをご利用頂き、誠に有難うございます。



Seeaの新作 2019 SPRING SUMMER COLLECTIONのLOOK BOOK をご案内いたします。




機能的、かつ女性の身体を美しく魅せてくれ、ハイセンスなSeeaのスイムウェアの数々。


毎年違ったコンセプトのもと、デザインされた、独自の世界を持つSeeaは、地元カリフォルニアだけでなく、世界各国の多くの女性達に指示されています。


2019年は、少しシックでクール。ノスタルジックなスモーキーカラー、深いネイビーとダークレッド。


透明な深い海の底を覗いた時に見つけたようなケルプ柄や波紋。静かな大人のリゾート地。


2019年もカバンにSeeaのウエアを詰め込んで、海やビーチ、プールに出かけましょう。






第1回目の入荷商品をご紹介いたします。





まずは、フレキシブルに海で遊びたい女性に必須のアイテム。


お着替え用ポンチョ。


2018年大人気だった、エンボス生地のパイル織のポンチョ。


あっという間に売り切れてしまいました。


2019年は、淡いブルーがかったバックに白く浮き出たケルプ柄。


フード付きタイプとケープ型の2種類です。


Seea Muir Poncho Navy Kelp 


Seea Changing Cape Navy Kelp


ビーチやプールサイドでさっと羽織りたいフード付きバスローブタイプもあります。ウエストで結ぶロープが可愛い。


Seea Olivia Robe - Navy Kelp  




こちらもジワジワと人気が伸びて来た「Hermosa One Piece」。


2019年は、深いブルーグリーンと黒と白にアクセントにワインカラー。絶妙なカラーの組み合わせ。


後ろ姿の首元のリボンがキュートです。



Seea Hermosa Onepiece Buzios





ボディラインが気になる方は、少し厚めの生地のC-SKINボディ部分に使用した、「Floripa Reversible Surf Suit」がオススメです。


Seea Floripa Reversible Surf Suit Buzios




同じく、C-SKINを使用した ハイネックがクールな印象の「Gaviotus Surf Suit」。


Seea Gaviotas Surf Suit Buzios





2019年新しく発表された「Dara Surf Suit」。


ボディ部分には、C-SKINを使用し、ボーイズレングスなので、スイムカットが苦手な方にオススメします。


Seea Dara Surf Suit 





足も隠してしまいたい方には、オールC-SKINの「Penelope Body Suit」。


上から、ジャケットやラッシュガードを着用すれば、レギンスより動きやすく、日焼け対策も万全です。


Seea Penelope Body Suit 





2018年人気のあったオールC-SKINの「Lido One Piece」。


下に水着を着用して、手軽なサーフスーツとして購入される方も多かったようです。


レッグのカットラインも深すぎず、浅すぎず。


見た目の可愛さと機能性の良さで今年も登場です。


Seea Lido One Piece




  Vネックがクールな「Rhea One Piece」。


お取り寄せ可能。




後ろのリボンが可愛い、「Laui Bikini」。


クレープ生地を使用。表面が凸凹しています。

オールブラックですが、この凸凹が光沢感を生んで、ふわっとした雰囲気を醸し出します。


胸用パッドが内蔵されています。


Seea Laui Bikini 






レトロな印象の「Georgia Bikini」。


ぴったりフィットするので、ずれにくく、アクティブな動きにも対応してくれます。


Georgia Bikini Vela





ショート丈のラッシュガード、「Palomar Crop Top Rashguard」。


 Georgia Bikini やKiko Pant、Bell PantとコーデするとGood。


Seea Palomar Crop Top Rashguard


ハイウエストビキニ、「Brasilia Bikini」。


首への負担も少なく、ずれにくく、女性の体を綺麗に魅せてくれます。


Seea Brasilia Bikini Vela 





2019年新しく発表された「Bell Pant 」。


ベルボトム型のパンツ。


SUPなど、海でも使用でき、また、ヨガやピラティスなどのトレーニングでも使用できます。




みんな大好き 「Calafia Surf Leggings」。


立体裁断になっており、一枚で着用できるのが嬉しい。


Seea Calafia Surf Leggings Buzios 




Seeaのラッシュガードといえば、コレ。「Doheny Rashguard」。


Seea Doheny Rashguard Buzios



胸のカットラインがガーリーなイメージの「Hermosa Swim Shirt」。


ウエストが細く見えます。


Seea Hermosa Swim Shirt Buzios




Seea Hermosa Swim Shirt Portofino






今後も入荷次第、YES SURFオンラインショップにてご案内差し上げます。


商品の詳細、サイズなどについてご不明な点は、お問い合わせください。


ご注文商品のご予約も承っております。


Seea オンラインショップページ


YES SURF

more»»


Mexico Surfing Trip Day 4

News & topics TUE Dec.04.2018 Update

Mexico Surfing Trip Day 4

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠に有難うございます。


メキシコサーフィントリップ最終日。


早朝目を覚ますと、テントの外には、素晴らしい朝焼けが待っていました。




波も綺麗に割れています。




ゆっくりとあたりを散歩して、ヨガなどしながら体を暖めます。




朝ごはんも取らずに、海へ。




綺麗な波が割れていました。


昨日一緒にサーフィンを楽しんだサーファー達も一緒です。


JON WEGENER SURFBOARDS のTHE BLUE GILL6'6"とANDREINI SURFBOARDS の VAQUERO 7'2"でクルーズ。








最終日まで素晴らしい波でよかった。


ありがとう。BAJA。


今日は、宿営地をたたんで、出発の準備をしなければいけないので、アメリカに持って帰れないお肉類や生ものは、朝ごはんで食べてしまいます。


お肉やハンバーグを焼いて、朝から豪勢な食事です。





順序よく、TOYOTAの4躯に荷物を積み、いざ出発です。


また、例のごとくガタガタ、凸凹道を車はゆく。




道中のサーフスポットの波チェックは、欠かしません。




ランチは、人生が変わほど美味しいタコス。




牛ほほ肉のタコス。



牛もつのタコス。





軽い食感のエビのフリッタータコス。



タコスと一緒にメキシカンコーラ。


メキシコのコーラは、化学生成物の糖質ではなく、純粋な砂糖を使用しているらしく、とてもコクがあって美味しい。


お土産に持って帰るアメリカ人もいるぐらいらしい。


ランチを済ませた後は、タイヤ交換。



検疫をパスするために、車の足回り付近に着いた泥落としは大切なんだそう。


洗車屋さんで洗車をお願いします。



メキシコからアメリカへ越境する時がとてもチェックが厳しいのだそうです。

国境を越える準備を万端にして、ティファナへ向かう。



サーフィンはしませんが、途中の波チェックは、欠かしません。



めっちゃ良い波が割れていて、たくさんのサーファーがハッスルしてました。




海に入りたくなる気持ちを抑えて、一路ティファナへ向かいます。


ティファナの街へ到着したのが、17時ごろ。


国境越えのゲートへの延々と続く渋滞の列の最後尾に並んだのが18時。


車は、ノロノロとちょっとずつしか進みません。




たくさんの物売りが車の渋滞の列の間を通っていきます。



ゲートをスルー出来たのが、夜の10時。





国境を越えるのに、4時間も並びました。


でも何事もなく、無事スルー。よかった。


そして夜11時には、無事帰宅。


隊長、お疲れ様でした。


そして、有難う。


貴重な経験ができたメキシコトリップでした。



VIVA! Baja California!




これでメキシコサーフィントリップ記は終了です。


皆さん、長い間ご拝読頂き、誠に有難うございました。


お店で皆様のご来店をお待ちしております。



カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目

カリフォルニアサーフィントリップ2018 8日目









メキシコサーフィントリップ2018 1日目



メキシコサーフィントリップ2018 2日目


メキシコサーフィントリップ2018 3日目



YES SURF

more»»


Mexico Surfing Trip Day 3

News & topics THU Nov.22.2018 Update

Mexico Surfing Trip Day 3

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠に有難うございます。


メキシコサーフィントリップ3日目。


夜中2時に振り出した雨。



道がぬかるんでしまわないか心配になり、隊長を起こす。



これぐらいの雨は、大丈夫だから安心しろと言われ、雨の音を聞きながら寝入ってしまいました。



早朝明るくなって、雨もほぼ小降りに。




波はサイズダウン。




朝ごはんのために木を燃やそうとしても昨夜からの雨で湿気ていて、なかなか火がつかない。


ガスバーナーでお湯を沸かして、持ってきたシナモンロールとコーヒーで朝食。


朝ごはんを食べながら、今からのスケジュールをどうするか話し合う。


波もなくなってしまったしなぁ。


結局、南のほうへ更に下って、宿営地とサーフィンできるところを探そうということになりました。


さらば。崖ポイント。っていうか海岸線ずっと崖だらけだけど。


途中波チェックをしながら南に下る。




TOYOTAの4駆って素晴らしい。このバハの荒野の凸凹、ガタガタ道をものともせず、頼もしい走りで進んで行きます。



車が揺れて、お尻や腰が痛くなるかなとおもったけど、シートの快適さも抜群。全然苦になりません。



隊長によると、バハをサーフトリップするには、4駆の大きな車が絶対必要だよとのこと。



納得です。





更に凸凹道や崖スレスレの山道を南下していると、雨が強くふってくるようになりました。


台風接近のために天候が不安定になっているのかもしれないので天気概況をチェックしながら進路を進める。



隊長が、「人生変わるぐらい美味しい蟹を食べたくない?」と聞いてくるので「もちろん。食べたい!」と。



「じゃあ、蟹を買いに行こう。」


やったぜ!シーフード!


そして蟹が買える水産工場(?)に到着。



工場の前には、蟹の爪の殻がいっぱい。



よく見ると蟹の爪だけを湯がいて、冷凍したものらしい。




蟹の本体はどうしたのか。気になる。




隊長の家族のための分と今日我々が食べる分を買って、工場をあとにする。




聞くと、バハカリフォルニアの海は、魚や蟹、ロブスター、貝と海産物の宝庫なんだそう。


カリフォルニア海流は、深いところから栄養分の多い水がわき上がってきて、プランクトンも豊富なために、たくさんの海洋生物が暮らしやすいと聞いたことがあります。


くわえて幸運にも開発の手が入っていない海岸線のおかげもあるでしょう。




日本や沖縄本島で人の手が加えられていない海岸なんてほぼ皆無です。


観光客誘致や経済発展のために埋め立てられ、日々自然破壊のすすむ海をながめている私達にとっては、メキシコで自然や海の豊かさを肌で感じることができたことは、本当に有難く、嬉しく感じました。




何をもって豊かさというか。


色々と自分達の生活や意識を考え直すチャンスを与えてくれる旅になりそうです。


さて、町まで出てきたので、腹ごなしにタコスでも食べようということになりました。


街道沿いの屋台で適当に美味しそうな雰囲気漂うお店をチョイス。




奥には、シシカバブのようなものも。



豚肉の素揚げ



皮は、こねた種からその場で焼いています。



ちょうどお昼前だったので、これからお昼ご飯を買いにやってくるお客さんのための仕込みでお店は忙しそう。





豚肉を細かく刻んだタコスと牛肉のタコス。




ライムを絞っていただきます。


小さな玉ねぎや島ラッキョウのようなものを焼いたものが、無料の付け合わせとしてカウンターに置いてある。


肉の臭みもなく、ジューシーで爽やかに美味しい。


普段食べているタコスとなにが違うのかなーと思ったら、そういえばレタスもチーズも入っていない。


沖縄のタコスも美味しくて大好きだけど、メキシコのタコスは、全く別物って感じです。



美味しいタコスでランチを済ませ、氷などを調達し、波を探しに出発。





隊長が20年ほど前に訪れたことのある、海岸に向かってみることに。



波はありました。




風も雨もちょうど止んでいて、グラッシー。





でも、景色が20年前と全く変わっていて、隊長は動揺を隠せない様子。



別荘地となっていました。



サーフスポットの前には、別荘が立ち並び、あたりをフェンスで囲まれ、門が作られていました。



国境を越えて遊びにきている人達もたくさん訪れています。





とりあえず、波もいいし、ここの外にテントを張るのは治安上危ないらしいので、管理人さんに敷地内でテントを張っていいかどうか宿泊の許可をもらいます。



お礼に食料とビールを差し入れ。




宿営の準備を済ませ、買ってきた蟹を食べてみることにしました。






硬い殻を大きな石の上に置き、小さな石で割って、レモンを絞った醤油で食べます。



味が濃厚でとても美味しい。





蟹を食べる時は、皆無言。



いくつか食べて、まだ解凍できてない蟹は、夕飯で食べることにしました。



というわけで、サーフィン。




波もメローで、胸くらいのライトの波が綺麗に割れています。



私も腰痛がまだあるので、撮影マンとして、入水。




フェイスの広い、メローでショルダーの長〜い波がラインナップしています。




フィンレスやハル、ログが最高な波。



インサイドにプカプカ浮いて、サーファーみんなにヒューヒュー言ってたら、仲良しになりました。




どうしてサーフィンしないんだ?って。


腰が痛いからサーフィンできない。でも写真撮るよーって言ったら、皆さん、テンションアゲアゲ。


好きねーあんたも。




海外でサーフィンしていていつも思うのが、言葉が通じ合わなくても、サーファー同士には、サーフィンという共通言語があること。




サーフィンは、波を奪い合うのではなく、楽しみを分かち合う。素晴らしい。


我ながら名言。












しばらくのんびりファンな波を楽しんで、今日のサーフィンは終了。



ファンなサーフィンで、長距離ドライブで固まっていた体もほぐれました。





3日目にして、ようやくメキシコリズムに慣れてきた感じ。



火をおこしたり、テントで眠ることにも、周りに何にもないことにも、時間の過ごし方にもようやく体が理解してきました。


バハでキャンプ生活するなら1週間以上ある方がいいかもしれない。




それでも、忙しい日本やカリフォルニアでの生活から、隊長も私達も贅沢にも自分達だけの貴重な時間を過ごせました。


ありがとう。バハ。豊かな自然と素晴らしい波に感謝します。



メキシコサーフィントリップ DAY 4に続く。



カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目

カリフォルニアサーフィントリップ2018 8日目








メキシコサーフィントリップ2018 1日目

メキシコサーフィントリップ20182日目



YES SURF

more»»


MEXICO SURFING TRIP DAY 2

News & topics SUN Nov.18.2018 Update

MEXICO SURFING TRIP DAY 2

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


メキシコサーフィントリップ 2日目。


朝、波はサイズアップしていました。



朝食もそこそこに済ませて、急いでサーフィンの準備。


ボードの準備をしている時に、突然腰に嫌な違和感が。


あれ?もしかしてぎっくり腰っぽい?


いやいや、大丈夫だろうと、急いで着替えます。



うねりの入ってくる方向が昨日と違っていました。


岬の奥の方からうねりが入ってきています。



今日は、岬のところから割れるレギュラーを狙おうと隊長。


急いで、海へ。


もちろん「Hola!」の挨拶は忘れずに。



うねりは大きくなっていますが、ピークがシフトするし、波をよく選ばないとショルダーが張らなかったりして意外と手強い。






インサイドは、急激に掘れたり、ダンパーになったり。




気合いを入れるぞー。



隊長も良い波を選んで乗っていきます。



私もやっと一本良いセットをキャッチ。



と思ったら



あれ?



腰が.....。



だめだ、下半身の力が入らない。



やばい。


ボードを放すと、流されて崖に乗り上げてしまう。



必死(冷や汗)


なんとかボードを放さなくて済んだ。


というわけでぎっくり腰のため撤収。



隊長も心配して一緒に海から上がってくれた。ありがとう隊長。



いい波割れているのになぁ。



残念だけど、身体を休めないと。



隊長は、少し休んでから、2ラウンド目に。


私は、テントで横になって、腰を休めることにしました。


午後になり、強い風が吹き始めました。


海も荒れています。




テントで休んでいると、突風で砂がテントの中に吹き込んできます。


外にいるほうが、ましかもしれないと思い、外でストレッチしたり、マッサージしたり、休んだり。


夕方になると風も止んできました。




潮位も下がり、波も少しコンパクトにブレイクするようになってきました。




3ラウンド目。隊長は、ブルーギルで入水。



オールラウンドに掘れていても、たるくても、大きくても、小さくてもどんな波でもいける、HPD HAWARD SPECIAL MINI 7'6"は強い味方です。




私は、サーフィンは無理そうなので、カメラマンに徹することにしました。


インサイドは、だいぶ浅い。




コンパクトに割れるようになったと言っても、昨日よりは大きなセットが入ってきます。





隊長は、ブルーギルに良さそうな波を良い波をチョイス。







さすが隊長。ブルーギルを乗り込んでるだけあります。見ていて気持ち良さそう。




HPD HAWARD SPECIAL MINI 7'6"も調子良さそうです。



たるめだけどパワーのある波にも楽にテイクオフでき、掘れたセクションも軽いターンで。






私達が上がる頃に、一人ショートボーダーがパドルアウトしていましたが、ショートはテイクオフが厳しそう。


暗くなってきたので、そろそろタイムアウト。




今日も良い波をごちそうさまでした。


メキシコサーフィントリップ2018 3日目に続く。




カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目

カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目

カリフォルニアサーフィントリップ2018 8日目




メキシコサーフィントリップ2018 1日目


YES SURF

more»»


1 2 3 4 5 6 7 
1件~5件/2085件