沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

BOARDS for Surfing

サーフィン ボードについて

サーフィン ボード イメージ①
サーフィン ボード イメージ②
サーフィン ボード イメージ③

サーフボードって何でできているの?

サーフィンは、ハワイ原住民の間で楽しまれていたのが、起源と言われています。
最初は、バルサ材などの水に強く、軽く、加工のしやすい木材で作られていたようです。

近年、ボードの素材は、多岐にわたるようになりました。
市場によく出回っているサーフボードの多くは、フォームとよばれる、発泡スチロールのようなものがコア材(芯材)に使われ、それをガラスクロスで包み、樹脂で固めたものが基本的な作りとなっています。

サーフボードって丈夫?日光にも強いの?

ボードを覆う素材がガラスクロスであるため、基本的に丈夫ではありません。海底のリーフやロックに衝突したり、アスファルトに落としたり、車やコンクリートの角にぶつけただけで壊れたりします。

また、熱に弱く、日焼けもするので、長時間温度の高い場所や直射日光にあてると、変形したりします。比較的軽さが必要ないわゆるパフォーマンスショートボードなどは、力の強い方だと親指で凹んでしまうこともあります。

サーフィンをこれから始めるのですが
ボードを選ぶ基準ってありますか?

選ぶ基準は、サーフィンを始める人にとってしっかりとした浮力と長さがあるかどうかがまず決め手になります。初心者がサーフィンを覚えるのに必要な要点を盛り込んだボードも販売されています。その他、いつも通う海の環境や保管場所や移動手段なども考慮します。

また、それだけでなく、日常生活のなかで、どれだけの頻度で海に通えるのか、将来どんなサーフィンをしたいのか、運動経験のありなし、性別、筋肉量、最初のボードを使う期間、価格など考慮したい点は、多岐にわたります。
一番のオススメは、サーフポイントがある海について熟知しており、ボードや波乗りに熟知しているショップにまず行ってみることです。

YES SURFは、サーフィンとスクール経験が豊富で、ボードと波乗りの知識をもった、スタッフが対応させていただいております。 迷った時は、是非YES SURFにご相談ください。

サーフィン ボード これから始める方へ

ミッドレングスって何ですか?

サーフボードは、数年前まで、ショートボード、ロングボード、ファンボードと大別されていました。

近年、サーフィンが一般の人々の日常的なアクティビティとして浸透してきて、しばらくコンペ志向だったサーフィン市場に影響を及ぼしていきます。いわゆる、万人も楽しめるサーフィン、もっと自由に楽しめるサーフィンがキーワードになってきました。

そのため、純粋に波乗りを楽しんでいた時代のボード(試合に勝つためのボードではなく)を研究し、昔のサーフィンを振り返るムーブメントがおきます。 今では、定着しつつあるミニシモンズなどもその一つのムーブメントの中で掘り起こされ、進化を続けているボードの一つです。そういった懐古的なボードから新しい視点と技術が加味され、次々といろいろなボードが出来ているのが、今のサーフボードの現状です。

スタッフと相談しながらサーフィンのボードを選ぶ①

ミッドレングスもその流れの中で生まれてきた言葉です。ショートボードのカテゴリーに入らず、ロングボードでもないサーフボードをオルタナ系と呼びますが、そのうち、長さが6’6”から8’11”までの長さのボードを総称してミッドレングスと呼びます。 (シェーパーによって、長さの認識は、若干変わります。)

浮力も十分にあり、アウトラインやフィンシステム、素材、シェイパーによってフィーリングが変わり、小さな波から大きな波まで乗れ、コントロールも比較的にしやすいミッドレングスは、純粋にサーフィンを楽しむことができるクィーバーの一つと言えるでしょう。

YES SURFでは、その人その人のサーフィンライフや楽しみ方をお伺いしながら、数あるミッドレングスの中から、オススメのボードをご提案させていただきます。店頭にないボードでも、お探ししてご希望にあうボードをご準備いたします。どうぞご相談ください。

スタッフと相談しながらサーフィンのボードを選ぶ②

ボードは、カスタムオーダーしたほうがいいのですか?

サーフィンに限らず、ボディボードやSUPボードでも、使う人の適正の浮力と形とサイズというものがあります。

習得したい技術や会得したいフィーリング、使うコンディションなど目的がはっきりしている場合は、その目的に合わせて適正なボードをチョイスする必要があります。

店頭やネットサイトに並ぶ商品の中から、目的に対して、適正なボードが見つからない場合は、カスタムオーダーされるとよいでしょう。
また、大量生産型のプロダクションボードと呼ばれるボードの多くは、一般的に世界的にサーフィン人口の多い人種の男性の平均的身長と体重などを考慮にいれて製作されます。または、販売される国の平均的な体型で作られます。比較的小柄な体型の男性や女性、キッズなどは、カスタムオーダーしたほうが、良い場合が多くあります。

カスタムオーダーにかかる期間は、短い場合で、2ヶ月、長い場合だと1年ほどかかることもあります。

海辺でサーフィンとボード

その他、好きなデザインやカラーでテンションをあげたい方や有名シェイパーさんの人気のある希少モデルが乗ってみたい方、シェイプ本数が少なくて市場になかなかでてないボード、ボードの重量やディテールにこだわりたい方など、カスタムオーダーされる方々の目的はそれぞれです。

どうぞ、みなさんもカスタムオーダーで自分のためだけに作られたボードに乗ってみませんか?

YES SURFでは、じっくりお話をお伺いして、数あるシェイパーの中からお客様にぴったりのボードを提案させていただきます。

初心者の方も、壁にぶつかっているサーファーの方も、変わったボードにのってみたい上級者の方も、どうぞYES SURFにご相談ください。

サーフボードからボディボード、SUPにいたるまで、カスタムオーダーを承ります。
また、カスタムオーダーでは、時間がかかりすぎると悩まれている方も、どうぞご相談ください。お客様のご要望に叶うボードをセレクトして探してまいります。

スタッフと相談しながらサーフィンのボードを選ぶ③


サーフィンスクールをご検討のお客様はこちらへ

沖縄 サーフィン・ボディーボードスクール
098-994-5633
営業時間:11:00-20:00 (水曜定休)