沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

California trip 2018 DAY 7

News & topics TUE Nov.06.2018 Update

California trip 2018 DAY 7 1

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 7日目。


下の写真は、ガス欠でレスキューされるの図。




ガス欠してしまった場所は、フリーウェイ。




よくフリーウェイ上で止まっている車を見かけてましたが、まさか自分達が同じ状況になってしまうとは。


フリーウェイ上には、日本のように休憩できるパーキングも給油所もないので、ガソリンメーターは細かくチェックしておくべきでした。


慣れない距離感のフリーウェイと旅行中の慌ただしさでついついうっかりしてまいがち。


友人のTomokoがAAA(トリプルエー)に加入していたので、事なきを得ました。


ありがとう!トリプルエー。ありがとう!Tomoko。


大変助かりました。



さて、朝から思わぬハプニングでスケジュールがおしてしまいましたが、アポを取っていたAlrikは、笑顔で私達を迎えてくれました。



Alrik Yuill氏は、AXXE CLASSIC WETSUITSのコラボレーター。


自身のブランド「SPACE TIME SURFBOARS」でサーフボードシェイプを行うシェイパーでもあり、芸術家でもあります。




彼のアトリエ兼ファクトリーは、まるで美術部の部室のよう。



描きかけの絵や彫刻、オブジェ、絵の具、樹脂、ペンキ、ボード、家具、衣類、etc..。



彼のアートワークは、サーフィンの大会のトロフィーでも使用されています。



シェイプルームも見せてくれました。



長い間、サーフボードファクトリーでも腕を磨いてきたAlrik。


今彼自身の「SPACE TIME SURFBOARS」でシェイプしているボードもたくさん見せてもらいました。



彼が子供だった頃のファーストボード。




彼のシェイプするボードは、非常に個性的。

EPS素材を多用し、ストリンガーレスのボードも多い。

非対称ボードやフィンの場所がすごく前の方だったり、見たことのないようなコンケーブも。




彼が若い頃から学び、育んできた伝統的なサーフボードシェイプの知識と技術を使って、これからの素材であるEPSなどでボードを作り、まだ我々が経験したことのない未知の世界に広げていきたいそう。


だから「SPACE TIME SURFBOARDS」なんですね。


なので、手にとってボードを見ているだけでは、どんなサーフィンを経験できるか分からない。


そこで海に行ってArlikのボードでサーフィンしようということになりました。


ツインスタビでも楽しめる、ピンテイルボード。ツインフィンで乗ってみます。



こちらもツインスタビでも楽しめるフィッシュテールボード。どちらもEPSフォームでストリンガーレス。



彼のサーフィンは、おおらかなラインで美しく、スタイリッシュ。


波は、ショアブレイクでアグレッシブでしたけど、さすがローカル。


良い波に見えますが、ほぼダンパーに近い、パワフルなショアブレイク。


波の切れ目を見つけて、一気に掘れ上がるフェイスを自由に美しく軌跡を描いていきます。




私も一緒に海に入って、試乗させてもらいました。


「スピード感がはんぱない!!」です。


ボードコントロールが容易で、ボードがぐんぐん加速してくれます。





何よりも一緒にサーフィンできたことがとても嬉しい。


貴重な時間をどうもありがとう。Alrik。





カリフォルニア サーフィントリップ 2018 8日目に続く。


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 1日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 2日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 3日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 4日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 5日目


カリフォルニア サーフィントリップ 2018 6日目


YES SURF


NEW ITEMSee the list

See the list

Share this page