沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

「Seea」

ニュース・トピックス 2015年12月11日(金) 更新

「Seea」 1

いつもYES SURFをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。



女性を美しく魅せてくれるスイムウェア「Seea」。





Seea

SEEA ~ lookbook from The Seea on Vimeo.







Mexico Calling - Seea 2014 Collection from The Seea on Vimeo.


Swell Day | Seea 2015 Collection from The Seea on Vimeo.



Seea" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/163008465">Seea in Panama from The" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/theseea">The Seea on Vimeo.



Pretty" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/194117201">Pretty Lady, Dirty Feet from The" class="redactor-linkify-object">https://vimeo.com/theseea">The Seea on Vimeo.






「Seea」ってどんなブランド?


ウェアはみたことあるけど、「Seea」についてあまり知らないという方に改めてご紹介。





Seea創立者&デザイナー "Amanda Chinchelli"


img_amanda.jpg



「サーフィンするときはそれだけに集中したいの」


Seeaの創立者でありデザイナーのアマンダに、なぜSeeaのサーフウェアを作るようになったのか聞くと、きっぱりとした調子で返事がかえってきました。


Seeaにはアマンダ自身がサーフィンする時に感じていたストレスを解消するために、いくつもの画期的な工夫が施されています。



例えば、ラッシュガードが腰の上までめくれあがるのがストレスだったので、タイトな素材でお尻までサポートしてくれる長さで作ってあります。


サーフパンツとラッシュガードがひとつにつながっているSwami'sは、サーフ中に着衣の乱れを気にしたり、ウェスト周りの変な日焼けを防ぐため。



「お尻がはみ出していないか、 水着が乱れてないか、私はかわいく見えているか。サーフ中にはそんなことを気にしたくない」とアマンダは言います。


しかし「いろいろ探してみたけど、かわいくない競泳水着か、サーフするにはセクシーすぎるものしかなかった。だから、かわいくておもいっきり波乗りを楽しめるワンピース水着を、自分で作ったの!」だそうです。


かわいくてファッショナブルその上、アクティブに動けるワンピース水着San-Oを彼女が自分のために作ったのが、すべての始まりでした。





img_amanda01.jpg


デザインのインスピレーションは50年代ビンテージ



南カリフォルニアは、サーフカルチャーの歴史が濃厚に感じられる場所です。特にアマンダのホームブレイクであるSan Onofreは、まるで時間が止まっているかのよう。年代ものの車に乗ったサーファーが集まってきて、今も昔と同じようにサーフしています。「だから 50s'テイストが、私にとってはサーフィンする時のスタイルに完璧にぴったりくるの」とアマンダ 。


Made in The USA - From Laguna with Love: Seea x Thalia from The Seea on Vimeo.



ブラジル生まれ、ベニス育ち、南カリフォルニア在住のファッションデザイナー


Seeaは、どこかホッとするレトロな雰囲気でありながら 同時に「こういうの見たことがない!」と目を見開いてしまう華やかな新鮮さを合わせもっています。


デザインのユニークさは、アマンダの生い立ちにも由来しています。ブラジルのトロピカルな島で生まれ幼少期を過ごし、その後両親の母国であるイタリアのベニスで成長しました。




大人になってから南カリフォルニアに越し、サーフ三昧の日々を過ごしつつ、フリーランスのデザイナーとして米国で有名スケートボードブランドのアパレルや、イタリアの自転車メーカーのアパレルなどを手がけています。



「ブラジルで鮮やかな色彩感覚を与えられ、イタリアで伝統的な色の組み合わせかたを学びました。そしてカリフォルニアのヒッピーでファンキーなカルチャーにインスパイアされています」





img_amanda02.jpg


南カリフォルニアで人気急上昇中

Seeaは彼女自身のためにデザインをしていたものですが、彼女がサーフウェアに求めたものは、当然のごとく周囲の女性サーファー達も求めていました。次々にリクエストと注文が相次ぎ、Seeaが南カリフォルニアのサーフシーンに急速に広がりつつあります。

人気のラッシュガードは、工場から商品が出来上がってくると、わずか2週間で在庫が底をついてしまうほど。Seeaとともに女子サーファーの笑顔が広がりつつあります。

とにかくHAPPYにサーフしたい。





アマンダにとってサーフィンとは何なのか聞いてみました。

「瞑想、ヨガ、祈り。すべての要素を合わせもっているもの。自己表現というアートでもあるし、友達と交流する場でもある。とにかくハッピーになれるものです。日本の女性サーファーたちにも、Seeaのウェアで、おもいっきり自己表現をして、楽しんでもらいたいな!」と、底抜けに明るい笑顔がかえってきました。


おもわずこちらも笑顔になってしまいます。


笑顔が笑顔につながっていく。そんな魔法がSeeaのサーフウェアにかけられているような気がします。






 Seeaの商品は、こちらからご購入できます。



YES SURF「Seea」ショッピングページ





YES SURF

このページをシェア


NEW ITEM一覧を見る

一覧を見る