沖縄サーフィンショップ「YES SURF」

2020.01 ニュース・トピックス BLOG LIST

TrimCraft Surfboards

ニュース・トピックス 2020年01月31日(金) 更新

TrimCraft Surfboards

いつもYES SURFブログを閲覧いただき、誠にありがとうございます。


YES SURFでも好評いただいております、Trim Craft Surfboardsについてご紹介いたします。



伝統的なハンドシェイプを未来につなげていくというプロジェクト「Trim Craft Surfbopards」に参加するシェイパー達。


2019年、その中でも、若手有望株である、マイケル・アーナルのファクトリーにもお邪魔しました。





マイケル・アーナルは、「TrimcraftSurfboards」でシェイプするだけでなく、自身のブランドも持ち、かの有名な老舗サーフボードメーカー 「Hobie Surfboards」でシェイパーの一人としても活躍中。


「Hobie Surfboards」は、かつて、タイラー・ウォーレンがシェイパーとして籍を置いていた、老舗サーフボードメーカーです。


マイケルのボードの仕上がりの丁寧さ、美しさ、アウトラインを見ると、「Hobie Surfboards」から声がかかるのも納得です。




しかも、彼自身が、タイラー・ウォーレンに負けず、劣らず、グッドルッキングのナイスガイ。


次世代にもどんどん魅力的で才能豊かなシェイパー達が育ってきているのですね。


そんな魅力的で才能豊かな次世代シェイパー達が参加する、サーフボードレーベル、TrimCraft Surfbosrdaについてご説明しましょう。






YES SURFでは、2018年から取り扱いを始め、そのボードの機能性と魅力的な価格帯からご好評をいただいておりました。


TrimCraft Surfboardsは、2016年、伝統的なハンドシェイプ技術や知識などを次世代に引き継ぎ、若手を育てるというコンセプトのもと、100%ハンドシェイプにこだわり、プロジェクトは立ち上げられました。


ライアン・ラブレース、ジェリー・ロペス、リッチ・パベルらの錚々たるボードビルダー達のデザインを、新進気鋭の若手がシェイプするというプロジェクト。



若手シェイパーにとって、活躍の機会が広がり、サーファーは、人気のある彼ら3人のデザインのサーフボードをそれほど長く待たずに手に入れることができます。


しかも、3人が直接シェイプしたボードに比べ、比較的優しい価格帯で買うことができるので、サーファーにとっては、嬉しい。


世界中から注文が殺到するこの3人にとっても、労力を軽減でき、彼らのデザインを次世代に伝えることができる、いわゆるウィンウィンなプロジェクト。


SHAPER


このプロジェクトに籍をおくシェイパーは、現時点で10人。


まず、一人目は、先ほどお伝えした、マイケル・アーナル。




彼は、自身のレーベルも持っており、YES SURFでも 「ARNAL SURFBOARDS」は、オーダー可能です。


若くして、名門HOBIEでゲストシェイパーに迎えられ、ライアン、パベル、ロペスの3人からもそのシェイプセンスを絶賛されています。


カリフォルニアの次世代シェイパーのアップカマーの中心人物とも言える彼は、人柄もルックスも非常に魅力的な青年でした。







彼のファクトリーにお邪魔したとき、同じファクトリーの別室でシェイプしていたのが、ジョン・シモン。




なんと18歳。




彼もTrim Craft Surfbdordsのシェイパー。




少しシャイで、礼儀正しくて、マイケルを兄弟子のように慕っているようでした。


後日、偶然彼と一緒にサーフィンする機会に恵まれ、彼のサーフィンを目にしましたが、そのサーフィンにびっくり。


とてもスタイリッシュでかっこいいサーフィンをします。


その時に乗っていたボードが、彼がシェイプした、Haley Pin。


トリムクラフトのサーフボードは、デザインは、ライアン、パベル、ロペスの3人が提供しますが、シェイプする若手の個性により、それぞれアップデートされます。


彼のサーフスタイルのかっこよさに可能性を感じ、YES SURFでは、Haley Pinを彼のシェイプでオーダーしました。





ライアン・ラブレースのファクトリーにお邪魔した時に、自身のレーベルで削ったボードを我々に見せてくれたのが、ジェイコブ・エルス。








彼もトリムクラフトのシェイパーです。


その他、参加しているシェイパーは、以下の通り。





ジェリー・ロペスの息子である、アレックス・ロペス






ニュージャージー州に拠点を置く、ジョン・オピート





ジョセフ・イー





チャンネルアイランドサーフボードファクトリーで働いていたジョシュア・モリス





チャンネルアイランドサーフボードのオリジナルライダーであり、ケリー・スレーター達のウイニングボードを作った、サンタバーバラサーフコミュニティの中心的人物であるディビー・スミス




東海岸で活動するジョシュ・ピーターソン



トリムクラフトのカスタムオーダーでは、シェイパーリクエストが可能です。



MODEL

リッチ・パベル、ジェリー・ロペス、ライアン・ラブレースがデザインするトリムクラフトのサーフボード。

モデルは、現在9種類あります。


re.Bowls




ライアン・ラブレースがデザインした、ダウンレールのマジカルミッドレングス。


YES SURFでも大人気で、沖縄のパワーがある掘れた波で大活躍してくれます。



photo by Taiki Ishigaki

動きが非常によく、チュービーな波でも素早くレールワークが可能。


photo by Taiki Ishigaki


ショートショルダーな沖縄の波でコンパクトにコントロールできる、マストバイな1本。


photo by Taiki Ishigaki


Haley Pin



ライアン・ラブレースのデザイン。


クラシックなダブルエンダーのグライダー感覚を持ったミッドレングス。


小波からある程度のサイズまで、ファンな波で楽しめる、オールラウンドなサーフボード。


コントロール性に優れ、レスポンスが良く、かつ、チーターファイブもできる安定感とフロー感もあり、ミッドレングスを1本だけ持つという方に、オススメしたいボード。




Rich Fish



長い間愛されてきた、リッチ・パベルのツインキールフィッシュがベースになっています。


リッチパベルのボードにはまってしまう人達をパベラーと巷で言いますが、その世界勘を体感したい方へ是非。




T. Rev



ライアン・ラブレースが、トレバー・ゴードンのためにデザインしたモデル。


ノーズにボリュームを持たせた、クワッドフィンのラウンドテール。


ターンするとき、パワーをホールドしながらスケーティーにサーフィン出来ます。


このボードは、ビーチブレイク、リーフブレイク、すべてのコンディションで楽しめます。


ショートレングスからミッドレングスまで対応可能。





Symmetrical Snake




速いテイクオフとライディングスピードが特徴です。


シングルコンケーブでの伸びのあるボトムターン、スワローテールとダブルコンケーブが、イージーにコントロールでき、トップでの返しがスムース。


厚いビーチブレイク、リーフブレイク等、全てのコンディションでサーフ可能です。



Lopez Single




いわずと知れた、ロペスシングルに代弁される、70年代のクラシカルなサーフボード。


1960年から1980年にかけて、サーフボードは、ロングボードから、ショートボードへ短くなっていく過程で、大変革が起こったのです。その過程にあるシンボリックなボード。


サイズのある波に大きなラインを描いてスタイリッシュに。






Piggyback



フィッシュのフィーリングで走れる、ハイパフォーマンスショートボード。





Burner


いわゆるパフォーマンスショートボードではない、ショートレングスボード。


サーフトリップに、普段の波にいつでも使えます。


ワイドポイントは、少しノーズ側にあり、フロー感とグライドを味わえます。乗りやすく、レスポンスがよく、ライアンラブレースデザインのボードで一番世界中で愛されているボードです。


長さは、約5'8"  から6'3"あたりがオーダー可能です。





Sidecut Keel



ライアン・ラブレースが、アンドリュー・キッドマンのサーフMOVIE「GLASS LOVE」のMick Mackieのシーンからインスパイアを受けて作られたデザイン。


Mick Mackieのサイドカット/インカットデザインは、世界中から賞賛を受け、多くのボードビルダーに影響を与えたボードです。


レールコントロールがスムーズに行え、ツインフィッシュでのバックサイドライドが苦手な方にオススメです。




YES SURFでは、TrimCraft Surfboardsのカスタムオーダーを受付けております。


詳細についてのご相談は、下記お問い合わせより、ご相談ください。


お問い合わせ



TrimCraft Surfboards オンラインショップ


次回TrimCraft surfboardsの入荷は、春あたりの予定です。


どうぞお楽しみに。


YES SURF

詳細はこちらへ»»


DESTINATION DECK COVER DX TIE UP 入荷

ニュース・トピックス 2020年01月31日(金) 更新

DESTINATION DECK COVER DX TIE UP 入荷

いつもYES SURFをご利用いただき有難うございます。


本日、「DESTINATION DECK COVER DX TIE UP」が各サイズ入荷しました。


ショッピングページはこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/surf_sup_gear/boardcase/





ケースには「CHRISTENSON SCRAMBLER 6.2」を収納しています。


詳細はこちら→http://www.yessurfokinawa.com/shopping/board/length6.0-6.11/scrambler_6_2_christenson_surfboards.html



■特徴

現行のワックスのカバーが目的だったデッキカバーの生地を『840D Heavy Duty Polyester』に変更。


ワックス保護に加え、ボードのプロテクション力をアップ、防水、紫外線カット力も大幅にアップ。


ノーズガードも装着しています。





さらにフィット用のゴムバンドに並行して“締め上げ用の紐”を全周に回すことで、どんなサイズのボードにもピッタリフィットでき、従来品よりも断然長持ち。





是非、店頭で素材の違いをご確認ください。



YES SURF







詳細はこちらへ»»


RED GORILLA (TUBTRUCKS) FLEXIBLE バケツ入荷!

ニュース・トピックス 2020年01月25日(土) 更新

RED GORILLA (TUBTRUCKS) FLEXIBLE バケツ入荷!

いつもYES SURFをご利用頂きありがとうございます。


本日、サーファーの必需品!「RED GORILLA (TUBTRUCKS) FLEXIBLE Lサイズ」が入荷しました。




 

※2018年よりブランド名が『RED GORILLA』に変更されました。

 


 

 

バケツの中でウェットスーツを着替えられる十分な大きさのLサイズ!

 

素材は、リサイクルポリエチレン100%使用で地球にも優しく柔軟性に優れ、女性でも簡単に持ち運びができます。

 

水にももちろん強く紫外線もカットしてくれます。






 

SIZE:Φ45.5cm×35cm ( 38LITTLE)

 

価格:2,200円(税込)

 

    


 

 

生活のいろんな場面で活躍してくれるとっても便利な商品ですね。

 



 

 

YES SURF

 

  

詳細はこちらへ»»


LEASHLOK入荷!

ニュース・トピックス 2020年01月25日(土) 更新

LEASHLOK入荷!

いつもYES SURFをご利用頂きありがとうございます。


本日、サーフボードとリーシュをつなぐ大切なアイテム「LEASHLOK」が入荷しました。


ポリエス テル素材になった事より、耐久性がアップしました。


ハワイで考案された商品はワイメアのビッグウェーブでも実証済み。 


3/8インチ(約10mm)の幅は、既存のサーフボードの多くに使われている、リーシュカップミニにも対応致します。





1本:308円(税込)


YES SURF

詳細はこちらへ»»


Michael Miller Surfboards

ニュース・トピックス 2020年01月14日(火) 更新

Michael Miller Surfboards

いつもYES SURFブログをご覧いただき、誠に有難うございます。


2019年からYES SURFでの販売が始まった、Michael Miller Surfboards。




確かなシェイピング技術と仕上がりの美しさから好評いただいております、マイケル・ミラーサーフボード。


2020年2月頃に6本入荷する予定です。





彼のボードの評判を聞き、2018年、彼のファクトリーを訪れ、彼の人柄とボードの美しさに魅了され、是非YES SURFでも販売したいと取り扱いを開始することができました。



2019年にファクトリーをお邪魔した際は、彼のボードがコントロール性に優れ、レスポンスが良く、沖縄の波にとてもフィットしたことを伝えました。


Drifter 6'10"




彼のボードには、クリステンソンのファクトリーで長年培ってきた技術と知識の積み重ねが、色濃く現れています。




おまけにスキップ・フライのファクトリーがある建物が、同じ敷地内のお隣さん。




スキップのボードのラミネートも請け負っているので、彼のボードビルディングの考え方に影響を及ぼさないわけがありません。




その昔は、クリス・クリステンソンもシェイプに勤しんだと思われる、シェイプルームやラミネートルーム。



現在は、マイケルが日々作業中。



忙しい中、快く我々を迎えてくれ、質問にも細かく丁寧に答えてくれます。





Michael Miller Surfboards


カリフォルニア・サンディエゴで注目される新鋭のサーフボードビルダー。


普段は、PBなどでサーフィンをし、ショートレングスのボードを好んで乗るというマイケル・ミラーだが、ショートレングスのボードから、ミッドレングス、ロングボード、グライダーなど様々なボードをシェイプする。


1998年から、Joe Roper's Surfboard Repairsでリペア技術を習得しながら、サーフボードを作る最初から最後まで、工程の基本の全てを学んだ。


2003年以降は、クリステンソン・サーフボードチームに参加、サーフボードビルドに関わる、より高いレベルでの技術と知識を習得する。


また、ショートボードから12フィートもある大きなグライダーなどあらゆるボードを作るという姿勢を、クリス・クリステンソンより学び、大きな影響を受けていることを語っている。


もう一人の大きな影響と学びをマイケルに与えたのは、スキップ・フライ。


スキップ・フライは、サンディエゴ・フィッシュの普及する歴史のなか、一役も二役も担ったことは、今更語るまでもない、多くのサーファーからリスペクトを集める、サーファーであり、シェイパーでもある。


スキップのファクトリーが、クリステンソンのファクトリーが移転した際、元あったクリスのファクトリーを使うことになった時に同じ敷地内にあったため、マイケルは、スキップから多くのことを学んだと語っている。


サーフボードビルドについて、クリス・クリステンソンとスキップ・フライの二人から非常に大きな影響を受け、今のMichael Miller Surfboardsfがある。


そんな彼のシェイピングセンスとグラッシングの技術は、高い評価を得ている。



Michael Miller Surfboardsのカスタムオーダーも随時受け付けております。


ボードの詳細等、お気軽にご相談ください。


お問い合わせ


Michael Miller Surfboards オンラインショップページ



Special Thanks Photo by Tomoko Matsubayashi

TOMOGRAFICA


YES SURF




詳細はこちらへ»»


1 2 
1件~5件/9件